主君の太陽の全16話のあらすじやキャストは?無料視聴が可能な動画はここ!

シェアしてね♪

出典:BS朝日

長年の昏睡状態から目覚めると、テ・ゴンシルは幽霊が見える体質になってしまっていました。

退院後も日々幽霊たちが押し寄せ、恐怖心から屋根部屋でひっそりと暮らしています。

しかし、心優しいゴンシルは幽霊の頼み事を断りきれません。

この日も亡くなったスーパーのおばあさんからの伝言を息子へ伝えるために、おばあさんの葬儀が行われている場所に行きます。

そしてその帰り、雷雨降りしきる中でヒッチハイクをしたゴンシルは、通りかかった大型ショッピングモール「キングダム」の社長チュ・ジュンウォンの車に半ば強引に乗り込みます。

ホッとしたのもつかの間、目の前に突然幽霊が現れ、必死でジュンウォンの腕にしがみつくと、驚いたことに幽霊がさっと消えたのです。

ジュンウォンに触れていれば幽霊が現れないと発見したゴンシルはこの日から、ジュンウォンに付きまとうようになります。

ゴンシルに付きまとわれ、疎ましく思っていたジュンウォンでしたが、ゴンジルの幽霊を見れる能力が過去の誘拐事件の真相を解明できるかもしれないと考え、ゴンシルを自分のショッピングモールで雇うことにしました。

ゴンシルは霊視能力を使い、次々と幽霊がからむ問題を解決していていきます。ちょっと変わっているけれど、前向きで優しいゴンシルに対し、ジュンウォンは次第に心を開いてきます。

スポンサーリンク

韓国ドラマ「主君の太陽」のキャスト

チュ・ジュンウォン役 ソ・ジソブ

出典:BS朝日

大型ショッピングモール「キングダム」社長

冷徹で気難しい性格のうえ、全てのことにおいて損得で考える金の亡者

高校時代に身代金目的で誘拐され、事件のトラウマにより難読症を患っている。

カン・ウ役 ソ・イングク

出典:BS朝日

「キングダム」の警備部に新しく入ってきた主任

海外に住むジュンウォンの父親から極秘で派遣されてきた敏腕警備員

ゴンシルがジュンウォンに接近する理由と過去の誘拐事件の関係性を調べている。

ゴンシルと親しくなっていくうちに、本気で好きになってしまう。

テ・ゴンシル役 コン・ヒョジン

出典:BS朝日

下宿所の夜間管理人

学生時代は「大きな太陽」と呼ばれ、明るく前向きでスポーツ万能な人気ものだったが、山で遭難し、長期昏睡状態から目覚めたら幽霊が見える体質になってします。

それ以降は社会とは一銭を引き、部屋にこもった生活をしている。

ジュンウォンの体に触れると幽霊が見えなくなるのを発見し、「シェルター」としてジュンウォンに付きまとっている。

テ・イリョン役 キム・ユリ

出典:BS朝日

韓国の人気歌手兼モデル。

ゴンシルとは高校の同級生

ゴンジルと同じ姓で「大きな太陽」に対し、外見とおとなしい性格だったことから、なにかとゴンシルと比較され「小さな太陽」と言われてきた。

そのためゴンシルに対してコンプレックスを持っている

キム・グィド役 チェ・ジョンウ

出典:BS朝日

ジュンウォンの秘書室長

ジュンウォンに長年仕えてきて、一番信頼されている秘書。

ドラマが進むにつれ、殺人事件解決の決定的な鍵を握る人物となる

\31日間無料見放題の動画配信サービスはここ/

現在大人気となってきている韓国ドラマ。日本のドラマよりも「ドロドロ感やドキドキ感が半端なく味わえる!」と幅広い年代の方々の趣...

韓国ドラマ「主君の太陽」の全話の内容!(ネタバレ・感想あり)

第1話

出典:BS朝日

ジュンウォンが経営する「キングダム」のホテル部門で、有名歌手テ・イリョンとスターサッカー選手ユ・ヘソンの結婚式が近く執り行われるため、職員揃って多忙を極めていました。

ジュンウォンに触れた時だけ幽霊が見えなくなることを確信したゴンシルは、ジュンウォンに会うため「キングダム」にまでやってきます。

そこで、ゴンシルは昔ヘソンの彼女だったというミギョンという幽霊に付きまとわれてしまいます。そして、ヘソンにメッセージを伝えてほしいと託されます。

結婚式当日、警備員から要注意人物とマークされていたゴンシルは、テ・イリョンの同級生だったため、招待状持参で堂々とホテルに入れます。

そしてヘソンに、ミギョンはヘソンに愛想をつかしたわけではないこと、難病にかかっていて、ヘソンに迷惑をかけたくなくひとり闘病生活のうち、亡くなったことを伝えました。

ミギョンに裏切られたとずっと思っていたヘソンは涙し、結婚を取りやめ、もう一度海外でサッカーを続けることを決意したのです。

第1話の感想は、とにかく最初からおもしろい!のひと言です。最高視聴率21.8%を記録したドラマに納得いきます。じわじわと盛り上がってくるドラマが多い中、「主君の太陽」は最初からストーリーに釘付けになってしまうくらい、すぐに次の話が見たくでウズウズしてしまうほどです。

第2話

出典:BS朝日

ゴンシルは、ヒジュという女性の幽霊がジュンウォンを見つめていたことを伝えますが、幽霊を信じないジュンウォンはまともに取り合いません。

さらに、ジュンウォンの近くにいれば幽霊がやってこないことを伝え、「そばにいさせてほしい」と懇願しますが、即効で拒否されます。

どうしても諦めたくない、ゴンシルは、「キングダム」の清掃員として働くことにします。

そんな中、ショッピングモール「キングダム」中央にある大型噴水の前で女子高校生が撮った写真に幽霊が写っていると話題になり、SNSで拡散されてしまいます。

それがきっかけとなり、ジュンウォンが幼いころ誘拐された事件が再び取りざたされテレビで特集まで組まれるようになってしまいました。

御曹司でもあるジュンウォンは15年前、ヒジュと一緒に身代金目的で誘拐され、結果ヒジュが犠牲となってしまったのです。

テレビでは写真に写った噴水の幽霊と亡くなったヒジュを関連付け報道していました。しかし、それを見ていたゴンシルは、その幽霊がヒジュではないことに気づいていました。

噴水にいた女子高生の幽霊を発見し、本当の内容を理解したゴンシルは「犯人がわかった」と、自分が正しかったらずっとキングダムで働かせてくれるという条件をつけて、ジュンウォンをある女子高へ連れていきます。

死んだ女子高校生は4人組でしたが、他の3人からいつも疎まれていました。ある日「キングダム」で3人が自分の文句を言っているのを聞いてしまい、泣きながら逃げるように歩き、そして赤信号に気づかず、亡くなってしまったのです。

世間驚かしたのは、その日たまたまキングダムに遊びにきていて、偶然居合わせた別の友人。「私たちのせいじゃない」と開き直る3人が許せず、合成写真をつくって拡散させ3人を脅かそうとしての行動でした。

反省して泣きじゃくる3人。そこへ優しい顔して女子高生幽霊が現れます。そして「いつまでも友達だから」と言いながら天国へ旅立ちます。

ゴンシルの霊視能力で救われる幽霊たち。なぜ、幽霊たちがごそってゴンシルのところに集まってくるのか、だんだんわかってくるような感じになります。

しかし、この時点でもまだ半信半疑なジュンウォン。自分のこととは無関係だったことだけでも知ったら、「もう用はない」ぐらいの扱いで、女子高からひとりゴンシルを置いて車で帰ってしまうので笑えました。

第3話

出典:BS朝日

キングダムに勤めているアン代理は、残業で夜の店内をあるいていたところ、ピンク色のハイヒールを拾います。遺失物に届けようと階段を下りていたところ、階段から落ちて怪我をしてしまいます。

悲鳴を聞いたゴンシルとジュンウォン、カン・ウが駆け付けますが、アン代理は誰かに足を引っ張られた感じがしたといいます。カン・ウが調べたところ、誰もいなそうなので、アン代理を病院に連れていくことにし、ゴンシルはアン代理が滑ったのは掃除が不十分だからと残業を言い渡されます。

ゴンシルがひとり階段を掃除していうると、隅にピンクのハイヒールが片方落ちていました。それを手にした瞬間、ゴンシルはハイヒールの持ち主でもある女性の幽霊に取りつかれてしまいます。幽霊に誘導されるまま、ある病院に着くと、そこには交通事故で命を落とした女性が搬送されていて、ゴンシルが手にしたもう片方のハイヒールを履いている女性でした。

女性の幽霊はこのハイヒールを夫へ届けてほしい、そして「いつまでも見守っている」と伝えてほしいと頼んできました。

事故の知らせを聞いて駆け付けた夫は落胆して椅子に座っていますが、彼の電話がなり、なんと落ち込んでいた顔がニヤついたのです。そして「妻が自分から死んでくれた」と相手に伝えます。電話の相手は彼の愛人だったのです。

これを見てしまったゴンシルとジュンウォン・・・。そして、ニヤけながら電話をしている夫の前に血まみれの妻がいたことは本人、到底知りません。

デパートの廊下で例のピンクのハイヒールを履いた女性が歩いています。彼女の行き先は妻のことがあり、臨時休業している店。そう夫の浮気相手は自分の部下だったのです。それも妻と浮気相手に同じハイヒールをプレゼントしてたのです!

それを目撃したゴンシルは、妻の記憶が突然頭に入ってきます。妻はあの晩、浮気している夫を見てしまい、夫に追いかけられるも必死に逃げ、自動車事故を起こしてしまったのです。

許せないゴンシル。白昼堂々店に入り、夫に真実を叩きつけます。そこには妻の母親もいました。夫は平気な顔をしてハイヒールの半分は見つかったと差し出します。それはその場で浮気相手に脱がせたものです。

おかしい人扱いにされ、警備員を呼ばれ、かわいそうなゴンシル。そこえジュンウォンの助けが入ります。「そのハイヒールは偽物だ」と。

ジュンウォンは妻の片方のハイヒールを病院で夫がゴミ箱に捨てるのをたまたま見て、拾っておいたのです。「では、さっきのハイヒールは?」ということで浮気相手の女性がひっぱりだされます。

真実に気づいた母親は嘆き悲しみますが、全てが明らかになった妻は母親を出し締めてから天国へ行きます。夫には「あなたの死に場所は探しておくから」と怖い言葉を残して。

3話は、幽霊なんて全く信じていなく、ただ鬱陶しいだけだったゴンシルへの態度が少し変わってきます。デパートの中で、他の店員や客から変人呼ばわりされるゴンシルに対し、手を差し伸べて助けるジュンウォンの姿はとてもかっこよかったです。

第4話

出典:BS朝日

油断していると幽霊に体を乗っ取られることもあるので、いつも寝不足のゴンシル。この日は歓迎会でジュースを飲んでいましたが、実は同僚が内緒でアルコールを混ぜてしまっていました。風に当たるといって、外へ出ますがそこにヒジュの姿を見つけます。

一方、ジュンウォンは家で休んでいたところ、インターフォンが鳴り、カメラを確認するとそこにはゴンシルが立っていました。家までストーカーされていると思ったジュンウォンはゴンシルに怒りをぶつけますが、ゴンシルが放った一言が、高校時代にジュンウォンとヒジュしか知らない言葉と知り愕然とします。

ヒジュの魂が乗り移ったゴンシルをジュンウォンは部屋に連れて帰ります。翌日、ゴンシルが目覚めると豪華な寝室でジュンウォンと手をつないで寝ていました。

昨晩、ゴンシルにヒジュが乗り移ったことを信じたジュンウォンを、ゴンシルを利用して誘拐事件で失ったままの100億ウォンを回収することを思いつきます。

そして、その代わりに自分のそばにいて、必要な時にシェルター代わりになるとゴンシルに提案します。ゴンシルはもちろん快諾。その後、キム室長から誘拐事件の詳細を聞き、ジュンウォンがトラウマを抱えていることを知らされます。

4話は全話の中でもかなりおもしろい回です。ジュンウォンの家には、ジュンウォンが気づかないだけで、幽霊が何人か住み着いています。親を探す子供、踊るバレリーナ、そして大型犬。ゴンシルを家にいれたはいいが、次々と幽霊たちに体を乗っ取られるので、ジュンウォンのゴンシルを抑えようと奮闘する姿がとてもおもしろいところです。最後、犬になったゴンシルはクッションを与えられ、朝起きたときにビリビリに破れているクッションを見て落ち込む姿もとてもキュートです。ちなみに、朝ゴンシルが起きたときにジュンウォンと手をつないでいたのは、手をつないでいればゴンシルがおとなしくなるという理由です。やっぱり、シェルーターです!

第5話

出典:BS朝日

ジュンウォンはゴンシルに、掃除業務からオフィス業務に移るように伝られ、大喜びのゴンシル。

配属されたのは、社長室から近い場所に新設された「特別顧客管理センター」ですが、実際は倉庫のような部屋。荷物運びとあとは特に仕事という仕事がなく、ゴンシルは落ち込みます。

それを見たジュンウォンの叔母ソンランは、甥が怪しい人物と関わっていることが面白くなく、「特別顧客管理センター」の仕事として、ゴンシルにキングダムの特別顧客であるワン会長のところに荷物を持っていくよう依頼します。

ワン会長は最近、たった一人の孫を病気で亡くし、霊媒者のコ女史を頻繁に家に入れるようにななります。

コ女子は死んだもの同士を結婚させる死婚式と取り扱う霊媒師で、ワン会長は死んだ孫があの世で寂しくないようにと、コ女史に孫の相手を探させていたのです。

キングダムでゴンシルのことを知ったコ女史は、ゴンシルが適任と察し、ソンランを通してワン会長の元へ仕向けたのでした。何も知らないゴンシルはワン会長の家に着くと、死んだ孫の部屋へ監禁されてしまいました。

叔母がしたことを知ったジュンウォンは心配で急いでワン会長のもとへ向かいます。そしてワン会長に「従業員を返してもらいたい」と伝えると、ワン会長かキングダムとライバル会社、どちらに投資をするか今悩んでいると聞くと、一瞬ためらいを見せますが、ワン会長の申し出を無視しゴンシルが監禁されている部屋へ向かいます。

無理やり部屋をこじ開けたジュンウォンに、ワン会長はお見合いは失敗におわったと落胆しますが、ゴンシルが孫からあずかった伝言を聞くと、ワン会長しか知らないポーズをしたため、ゴンシルを信じます。

孫は実は好きになった子がいて、その子と最後にもう一度会いたいという願いをかなえようとゴンシルはその子を探しだします。そして、最後に好きになった子に会えて、ワン会長の孫は天国へ行きます。

損得なしで人助けをするゴンシルに対して、お金にならないことはしたくないけれども、ゴンシルに振り回されて、少しずつジュンウォンが変わっていく姿が見ていてほっこりし、この先のジュンウォンが楽しみになってきます。

第6話

出典:BS朝日

キングダムの営業終了後、副社長が社内で犬に噛まれる事件が起きました。ジュンウォンは、警備チームに翌朝の開店までに、その犬を捕まえるよう指示を出します。

警備チームがモール内を捜索している中、犬が幽霊であることを感じたゴンシルはそのことをジュンウォンに伝えます。また現場に残されていた首輪と鑑札を調べていたキム室長は、その犬が国の軍用犬であることをつかんでいました。

そんな中、キングダム内で黒ずくめの男にテ・イリョンが襲われます。そしてその男が今テレビのニュースでも流れている軍の脱走兵だったことが判明します。

脱走兵はペアだった犬が自分の不注意から安楽死させてしまい、どうにもならなくなり逃げてしまった状態。それを心配した犬が心配して、ゴンシルに助けを求ていたのです。

幽霊の犬に導かれてジュンウォンとゴンシルはある家具店に到着します。一度は店へ入った2人ですが、脱走犯が中に潜伏しているとのことで特殊部隊が到着。店内は大騒ぎ、全員外へ避難を余儀なくされます。

しかし、犬が心配なゴンシルはひとり店へ戻ります。止めたジュンウォンも時間差でゴンシルを追いますが、なんと脱走兵と遭遇してしまいます。

自殺を考えていた脱走兵に対し、ジュンウォンはいつもゴンシルがやっているように、見えない犬がいともいるような仕草をして、今も隣りにいて、見守っていると伝えます。

それを信じた脱走兵は涙ながらに自ら店の外へでて自主。そして幽霊犬も安心して天国へいきました。

6話ではほぼジュンウォンがゴンシルのことを信じてきているように感じます。モール内でソーセージを持って犬を探すゴンシルに普通についていったり、真夏の暑い中で犬のあとを追うゴンシルのあとをついていったり。自分は見えないのに、ゴンシルの言うことをそのまま信じるようになっていて、観ていてほっこりしてきます。そして、イリョンが襲われたとき、カン・ウがイリョンをお姫様だっごして連れていくのが、とってもドキドキします。そして、ソ・イングクかっこいい!のひとことです。

第7話

出典:BS朝日

ゴンシルを同じアパートに住む子供、スンジュンが公園で人形を拾ってきますが、その人形に3人の子どもの霊が憑りついているのを知ったゴンシルは危険と考え、会社に持っていきとりあえず自分のデスクに置いておきます。

キム室長が体調を崩したため、急きょ代わりにジュンウォンと店内と歩いていたゴンシルは、子供がデスクに置いたはずの人形をもって母親をモールから出ていく姿を目撃しました。

警備チームに協力してもらい、監視カメラでその親子を特定。母親に電話をして人形を返してほしいと伝えますが、母親は全く取り合わいません。

さらにゴンシルはモール内で忘れ物として届いていたその子供のかばんを確認し、さらにお絵描き帳の異様な絵をみて愕然します。その子が母親から虐待を受けているのではないかと疑いをもったゴンシルは親子の自宅に向かいます。

そして、母親がごみ捨てのため家の外へ出た隙に家の中に入ったゴンシルは、人形に憑りついていた子供たちがクローゼットを指差し、中で子供が閉じ込められているのを発見します。

急いでその子供を保護しようとしたときに、母親が戻ってきてしまい、母親に押しかかられ怪我をしてしまいます。それでも子供を必死に外へ連れ出します。

子供を抱えて走って逃げようとしたとき、ジュンウォンが現れ、「わかっている」と言う顔とともに子供をゴンシルから預かり、病院へ向かいます。

この、ゴンシルから子供を預かるシーンはドラマの中でも特に感動するシーンです。人形に憑りついていた子供たちの霊も実は親から虐待されて命を落としてしまっていたので、ゴンシルに見守られながら天国へ行きました。

母親はとても勝手で、ゴンシルを自宅侵入で訴えようとしますが、なんとキム室長が弁護士の資格も持っていて、母親に対抗する姿がとてもスカッときます。

第8話

出典:BS朝日

キングダム系列のホテルでプールで次々と客が溺れる事件が起こります。幽霊騒ぎで客を逃したくないジュンウォンはゴンシルを使って解決しようと試みますが、ゴンシルは幽霊の中でも特に水の幽霊が苦手で動こうとしません。

策を考えたジュンウォンは、ホテルの無料券をプレゼントして遊びにくようにゴンシルに伝えます。何も知らないゴンシルはもちろん大はしゃぎ。

到着したホテルでは、ジュンウォンもいて豪華な食事に、プールも貸切と聞いてさらに舞い上がります。プレゼントされたドレスに着替えプールへ向かうと、電話中のジュンウォンの会話を聞き、真実を知ってしまいます。

水の霊は怖いけれども、正直に話してくれたジュンウォンの誠意に対し協力しようとするゴンシル。そこへ幽霊が現れますが、いつものとは違った感じの幽霊で戸惑います。

プールで楽しみ、食事をし、スイートルームでワインを飲む幽霊。恐る恐る幽霊の女性に声をかけるゴンシルは、女性から景品で当たった宿泊券を持っていることを伝えられます。

過去の宿泊客から名前を割り出しましたが、ホテルのスタッフから、その女性は死んでいないことを聞き2人は驚きます。その女性は病院でずっと昏睡状態で今も入院していたのです。

ゴンシルは帰るよう説得しますが、なかなか応じない幽霊。しかし、ゴンシルの「娘さんが待ってますよ」の一言に反応し、無事に昏睡状態から目覚めました。

だんだん、ゴンシルの言っていることを信じるようになったジュンウォンですが、見えるのはゴンシルだけであって、ジュンウォンには見えません。

そのため、ゴンシルが幽霊と話しているときは、どうしてもゴンシルの一人芝居のようで、他の人から「変わっている」扱いされてしまうわけですが、そんな姿を見ているジュンウォンの一言、

「慣れてきたな、あの姿にも・・・」

とボソッというジュンウォンがとても面白かったです。

\31日間無料見放題の動画配信サービスはここ/

現在大人気となってきている韓国ドラマ。日本のドラマよりも「ドロドロ感やドキドキ感が半端なく味わえる!」と幅広い年代の方々の趣...

第9話

出典:BS朝日

キングダムのイベントとして、ピアノリサイタルが計画されていました。リサイタルを開くのは世界的な有名ピアニスト、ルイ・チャン。しかし、チャンは先日、妻が突然死をして、そのショックから演奏ができないほど落ち込んでいました。

そんな中、ホテル内を警備巡回していたカン・ウは、演奏会場からピアノの音が流れてくるのを聞きます。突然隠れた男を不審者と思ったカン・ウは取り押さえますが、相手はなんとルイ・チャン。

ルイ・チャンは警備員が怪我をさせたせいで演奏ができず、講演を中止すると言い出します。カン・ウは落ち込み、ゴンシルは何かできないか考えますが、そこにルイ・チャンの死んだ妻が現れます。

ゴンシルはチャンの妻から講演前に必ず食べるケーキのことを知り、そのケーキを作ってチャンを励ますことw考えます。

チャンと妻しかしらないレシピ通りのケーキをゴンシルが作ってきたことで、妻が近くにいてくれると喜び、講演は予定通り行うということで一件落着。

に思えたのですが、チャンは偶然、ゴンシルと姉の会話を聞いてしまい、ゴンシルに薬を飲ませその体に妻を憑依させようとします。

憑依されてしまったゴンシルは別人のようになってしまい、周りが困惑します。そして中国へ出張でちょうど搭乗しようとしたジュンウォンの携帯が鳴り、副社長からゴンシルの状況を聞いたジュンウォンは空港から急きょ戻ります。

そして、目にしたのは憑依されたゴンシル。そしてジュンウォンはキスをして、ゴンシルの体から憑依した妻を追い出します。

この回は観ていてドキドキ、ドキドキ。ジュンウォンがゴンシルのことを好きだと、認めた瞬間でした!

第10話

出典:BS朝日

中国出張から帰国したジュンウォンは、突然婚約者を一緒につれてきます。それを知ったゴンシルはショックを受けて動揺を隠せません。

婚約者はセジングループの娘・ソヒョン。立派な相手先に満足したジュンウォンの叔母のソンランは、良く思っていないゴンシルを呼びだし、先方からの結婚祝いで届いたという壺を見せつけます。

しかし、その壺には霊が憑りついていて、ゴンシルは叔母に割ってしまった方がよいと話します。訳が分からない叔母はさらにゴンシルを生意気と思い始めてしまいます。

壺が気に入ったソンランは自宅へ持ち帰り寝室に飾ります。しかし、その夜からソンランの前に儒学者の霊が出るようになり、ついにはソンランは目が覚めなくなってしまいます。

出張中にソヒョンと取引上の名目が必要だっただけで、偽の婚約と発表したジュンウォン。叔母が目覚めないのは壺に憑りついている霊のせいだとゴンシルから伝えられ、取引も問題なく済んだので、婚約を破棄する理由に結納品でもある壺を割ってしまいます。

すると、壺の霊は消え、ソンランは目覚めます。

10話は、副社長のソクチョルがいい味だしています。結納品でもらった壺は値段がつけられない程の高級な骨董品。ゴンシルが霊が憑りついた壺を見てびっくりして投げ出すので、焦るソクチョル。ソクチョルは婿で妻のソンランには頭があがらないので、ソンランがゴンシルをいびる姿を見て密かにゴンシルを応援してます。そして、「壺が怖い」とゴンシルが言ったのを聞いて、壺を見にきたジュンウォンの壺に対する雑さ。壺をぐるぐる回すわ、戻すときは箱に投げ込む。そして焦りまくりのソクチョル。

第11話

出典:BS朝日

ジュンウォンのもとに、ライバル会社である「ジャイアント・モール」の会長が亡くなった知らせが届き、ゴンシルと葬儀場へ向かいます。

葬儀場では、会長の愛人疑惑が噂になっており、それを耳にした会長の息子で社長でもあるイ・ジェソクは父親を信じていた分、裏切られた気分でいっぱいです。

ゴンシルは葬儀場で会長の幽霊がいるのに気づき、会長からある頼み事をされますが、ジュンウォンから「関わらない方がいい」と警告されます。

しかし、頼み事を断れないゴンシルは、しぶるジュンウォンを連れて、会長の別荘に訪れます。別荘の中は女性の服や靴、化粧品があり、女性が生活していた感いっぱいです。

そこえ会長の幽霊が現れ、テジタルカメラの中に写っている女性の写真を消してほしい。と頼まれます。その時、息子のジェソクが突然別荘にやってきて、ジュンウォンの機転でソウルに向かわせます。

ゴンシルはカメラの中の写真を見て驚き、会長はジュンウォンにも見てほしいといいます。写真の女性を見たジュンウォンは言葉を失います。

ジュンウォンはソウルに向かわせたジェソクに急きょ連絡をとり、また別荘に引き戻させ、そしてジェソクに写真を見せます。写真に写っていたのは、女装をした会長の姿でした。

呆然とするジェソクでしたが、「親父の秘密は、俺が封印をする」と写真を燃やしました。そして安心したのか、会長の霊は消えていきます。

この件で、ジェソクがゴンシルにお礼を言うために大きな花束を持って、キングダムに訪れますが、ゴンシルに合わせたくないジュンウォンはあの手この手で合わせないようにする行動がとてもかわいく見えます。やきもちですね。

第12話

出典:BS朝日

行方不明になった子供を探すため、チラシを配る母親のそばに子供の幽霊(ウジン)をみたゴンシル。しかし、ある男がチラシ配りを手伝いにきた時、ウジンは消えてしまいます。

一方、ジュンウォン父親から渡された女性の写真が、ヒジュとウリ二つなことに関して、父のスパイと知ったカン・ウを呼び出し、追及します。

カン・ウは、その女性は現在、ジュンウォンが誘拐された時に犯人から読まされた小説の登場人物と同姓同名を名乗っていると話します。

ゴンシルはウジンに車の整備工場に案内され、車のトランクにウジンの遺体があることを知ります。そこへチラチ配りを手伝っていた男が現れ、ゴンシルはジュンウォンに助けを求めるメールを送ります。

ひき逃げした子供の遺体をトランクに隠していたことをゴンシルに知られてしまった犯人はゴンシルに刃物を向けます。そして、とっさにかばったジュンウォンが刺されてしまったのです。

12話は、幽霊の頼み事の重みが増してきたことと、誘拐事件の真相がだんだん明らかになってきます。そんな重みのある中で、なかなか口を開かなかったウジンの心を開こうとジュンウォン、キム室長、カン・ウが歌を歌ってあげるんです。3人ともとってもかわいいですし、笑えます!

第13話

出典:BS朝日

ゴンシルをかばって刺されたジュンウォンは病院に搬送されますが危篤状態。ジュンウォンの霊がさまよっているとわかるゴンシルは、霊媒師のコ女史に助けを求めます。

コ女子は方法があるが、対価としてゴンシルの全てをコ女史に捧げること、また、意識が戻った時、ジュンウォンはゴンシルのことを一切忘れていることを説明します。

その後、ジュンウォンは意識を戻し、会社復帰しますが、言われていた通り、ゴンシルと出会う前の記憶はありません。ゴンシルは会社を辞める決意をします。

一方、キム室長は、誘拐事件の被害者として扱われていた姪のヒジュが、実は犯人の一味で、双子の姉ハンナと共犯していたことを知り、調べるために会社に休暇願を提出。

歌手のイリョンはカン・ウのことが好きになったのはいいが、カン・ウがゴンシルの心配ばかりするので、興味をそらそうと、記憶のないジュンウォンとゴンシルが、レストランで偶然会うよう仕組みます。

13話は、意識を回復したジュンウォンが退院して会社復帰しますが、ゴンシルとの出会い以降の記憶がないということは、昔の全てが「金」だったころの冷徹なジュンウォンに戻ってしまっています。

そこへ、ライバルで大っ嫌いなジャイアント・モールの社長から「退院祝い」の花が届いたり、児童虐待保護施設の設立承認決裁があがってきたりと、もやもや感がぬぐい切れません。

「いつ、ジャイアント・モールの社長と花を贈られるくらいの関係になったのか」「なぜ、一銭も特にならない施設の設立をしなくちゃいけないのか」

頭を悩ますジュンウォンがおもしろいのです。

第14話

出典:BS朝日

ゴンシルとの記憶がまったく思い出せないジュンウォンは、副社長から話を聞きますが、全くしっくりこない状態。そんな中、コ女史が現れ、ゴンシルがジュンウォンを助ける代償として全てを差し出し、今は死婚式の手伝いをさせていることを知らせます。

一方、調査のためにイギリスに来たキム室長は、ヒジュの姉ハンナを知る女性を見つけ会っていました。そしてハンナの写真を見せられたキム室長は、自分の知っているハンナと違うことに驚きます。

さらに、写真の女性は常に身近にいて、ジュンウォンと同じマンションで、叔母ソンランが可愛がり、ジュンウォンの病室まで通っていた女性。整形手術をしていてキム室長は全くそのことに気づかなかったのです。

ハンナはジュンウォンの気持ちを自分に向かせるため、以前ジュンウォンがゴンシルにプレゼントしたネックレスと同じものを買って、身に着けていました。しかし、反対にそのペンダントで、ジュンウォンの記憶を戻させてしまったのです。

ドラマ全体を通して、おもしろさを増進させる要素がところどころにうまく組み込まれていると感じます。14話は、ハンナの写真で「この人が犯人か!」と驚かされました!

第15話

出典:BS朝日

記憶が戻ったジュンウォンは、昔と同じような関係に戻りたいとしますが、ゴンシルは頑なに拒否をします。自分が幽霊と関わるせいで、再度ジュンウォンが危険な目にあってしまうことを懸念したためです。

そんな中、ゴンシルが昏睡状態の時に夢で会っていたユ・ジヌと会います。ユ・ジヌもゴンシルと同じ幽霊を見る力を持っています。そして、夢の中で一緒に訪れた場所をたどる旅に誘います。ゴンシルもその旅により、幽霊をコントロールもしくは、見る能力を消せるかもしれないという期待で同意します。

キム室長からヒジュとハンナは双子で、自分の姪であると聞かされたジュンウォン。ハンナは自分が誘拐事件の犯人だとバレそうになり、海外へ逃げようとします。ジュンウォンに空港で詰め寄られ、そしてハンナが誘拐事件の身代金として行方不明だった100億ウォンのネックレスを持っていることがバレ、その場で逮捕されます。

かわいそうなヒジュ。真相が明らかになり、ジュンウォンとの誤解も解けて、天国へ行きました。そして、その空港からゴンシルは旅立って行くのです。

ヒジュは孤児院、ハンナはイギリスの裕福な家庭に引き取られる。双子の姉妹がいることを知ったハンナは韓国へヒジュを探しに行きますが、ヒジュは裕福に暮らしているハンナが憎かったんでしょうね。

誘拐事件を起こし、本当のハンナが死んだことをいいことに、ハンナを名乗ってイギリスで生活を始める・・・。真相は明らかになったけど、なんか、切なさが残ります。

最終話

出典:BS朝日

後、帰国したゴンシルは、ジュンウォンと偶然再会します。ゴンシルは旅のおかげで霊力が無くなって、自分が変わったことを伝えますが、ジュンウォンと別れた途端、さっそくタクシーの中で女性の霊に憑りつかれてしまいます。

結局、霊力はなくならなかったので、帰国してもジュンウォンになかなか会いに行けなかったのです。ゴンシルの様子がおかしいことが的中し、ジュンウォンはタクシーを止め、ゴンシルを家に連れて帰れて帰ります。

そして、霊力はなくならなかったけど、そのままのゴンシルを愛してくれるジュンウォンとハッピーエンドで終わるのです。

全話通して、笑いあり、涙あり、ドキドキありでとても面白いドラマだと思います。最終話もとても感動しますが、ジュンウォンが酔ったゴンシルを自宅に連れて帰るのですが、4話で出てきたジュンウォンのマンションにいる子供やバレリーンの幽霊も再登場して、ジュンウォンがまたあたふたするのがとっても面白いです。

\31日間無料見放題の動画配信サービスはここ/

現在大人気となってきている韓国ドラマ。日本のドラマよりも「ドロドロ感やドキドキ感が半端なく味わえる!」と幅広い年代の方々の趣...

スポンサーリンク

シェアしてね♪

フォローしてね♪

スポンサーリンク