プチプラ含む|ニキビ跡を消す市販【飲み薬&塗り薬】ランキング10選!クレータもスッキリきれいに!

シェアしてね♪

ニキビ跡ができてしまうと、メイクが難しくなったり、写真を撮ったときにも影響が出たりといろいろ問題が多くなりがちです。

外側からのケアにばかり力を入れてしまうニキビ跡ですが、内側からのケアも大切。ここでは、ニキビ跡に役立つ市販薬について紹介します。

皆さんも気になった商品を見つけたら、是非足を運んで試してみてくださいね♪

スポンサーリンク

厄介なニキビ跡…どうしてできてしまうの?原因とは?

ニキビ跡は、人によって状態も異なればできてしまう原因も違います。改善するための方法も原因ごとに変える必要があるため、まずはニキビ跡の原因を探ることが大切です。

基本的に、ニキビ跡はニキビが悪化して炎症をこじらせた場合に残ってしまいます。ニキビができたときに適切な治療をおこなわない場合にニキビ跡になることが多いので、ニキビ跡の治療と共に今あるニキビを適切な方法で治すことも肝心です。

また、再びニキビができないように気を付ける必要もあります。

ニキビが炎症を起こしてしまうのは、できたニキビをいじってしまったり、間違ったケア方法をしてしまうことやさらなる外部刺激が加わることなどが原因です。

生活スタイルに問題がある場合もあり、肌再生がうまくいかない状況が続くとニキビがニキビ跡に発展しやすくなります。不衛生な状態で生活していることも、原因の一つです。

ニキビ跡を消す市販の商品を選ぶ方法!

ここで、ニキビ跡を消すために役立つ市販の商品を選ぶ方法を紹介します。

ニキビ跡の原因に合っているか

ニキビやニキビ跡の原因に合っている薬を選ぶことで、悩みは改善に向かうでしょう。

見当違いの薬を選んでも、効果が出ないどころか逆効果になってしまう恐れがあります。現状の悩みを改善するだけでなく、将来的な予防効果がある薬を選ぶことも大切です。

続けられる方法の薬か

ニキビ跡に対策している薬には、飲み薬や塗り薬があります。ニキビ跡の原因に合っているかどうかも重要ですが、同時に重要になってくるのが続けられるかどうかです。

使用するスタイルが不向きだと、ケアを続けていけません。ニキビ跡のケアには時間がかかるため、継続していけることが大事なのです。

価格や安全性

価格も、重要なポイントです。続けていけるかどうかにも関わり、できれば抑えた価格で購入できる薬のほうが始めやすく続けやすいでしょう。

コスパの良さは、重視してください。また、いかに効果が高いと評判の薬でも、あまりにも強すぎる刺激の薬は逆効果になってしまう恐れがあります。安全性の高い薬かどうかも、チェックしましょう。

安い|ニキビ後を消す市販の【飲み薬&塗り薬】ランキング10選!

ニキビ跡を消す市販の飲み薬や塗り薬の中から、人気ランキングを10選紹介します。

塗り薬

まずは、塗り薬からチェックしていきましょう。

メラノCC 薬用しみ集中対策R美容液

シミ対策用の医薬部外品ですが、ビタミンC誘導体はニキビ跡にも効果を発揮します。血行促進に役立つビタミンE誘導体も配合されているため、二重のパワーでターンオーバーを促してくれる商品です。

  • 価格:オープン価格
・特徴やおすすめポイント
活性型ビタミンCとビタミンE誘導体のダブル配合
ロート独自の浸透処方
気になるニキビを予防
ニキビ跡にうるおいを与える
公式サイト:メラノCC

イハダ プリスクリードaa

資生堂から出ている、顔湿疹や肌代謝の改善に役立つ医薬品です。湿疹や皮膚炎をはじめ、乾燥や花粉対策にも効果的で、かゆみやガサガサ肌のケアに役立ちます。非ステロイド性の抗炎症成分ウフェナマート、代謝を高めてなめらかな肌にするビタミンA油、血行促進して患部の修復を助けるビタミンE誘導体と、3つの医薬品有効成分が肌に浸透します。

  • 価格:4,860円
・特徴やおすすめポイント
3つの医薬品有効成分
素肌と同じ弱酸性
無香料・無着色
公式サイト:イハダ

テラ・コートリル

湿疹や皮膚炎に幅広く対応する軟膏薬で、2つの医薬品有効成分が配合されています。1つは、優れた抗炎症作用のあるヒドロコルチゾン(副腎皮質ステロイド)。グラム陽性菌や陰性菌などに広く効果を発揮する、オキシテトラサイクリン塩酸塩が2つめの成分です。化膿を伴う皮膚炎に有効なため、今あるニキビにも効果的です。

  • 価格:1,000円
・特徴やおすすめポイント
2つの医薬品有効成分
化膿を伴う皮膚炎に有効
公式サイト:テラ・コートリル

LION ペアアクネクリーム

2つの医薬品有効成分によって、炎症や赤みがあるニキビを治療できる医薬品です。2つの医薬品有効成分のうち、1つはイブプロフェンピコノール。アクネ菌による面ぽうを抑えて、炎症を鎮めてくれます。もう1つの成分は、イソプロピルメチルフェノールです。アクネ菌を殺菌し、ニキビの進行を抑えてくれます。伸びがよく、肌に塗ると透明になるので、メイクをしても目立ちません。

  • 価格:950円~
・特徴やおすすめポイント
2つの医薬品有効成分
肌に近い弱酸性
植物系の心地よい香り
塗った上からメイクも可能

大塚製薬 オロナイン

ひびやあかぎれ、傷、ニキビなどに効果のある医薬品です。殺菌作用を持つ有効成分クロルヘキシジングルコン酸塩が配合されており、傷口を殺菌するのに適しています。さらに、傷口を殺菌作用のある軟膏で保護できるのも効果的です。

  • 価格:484円~

・特徴やおすすめポイント
非ステロイド性
殺菌作用のある成分
殺菌効果のある軟膏で傷を保護

公式サイト:大塚製薬 オロナイン

韓国コスメにもニキビ、ニキビ跡に注目されるアイテムがあります。それが「再生クリーム」です。イニスフリードクタージャルトあたりが人気となっています。

詳しくは「ニキビ・ニキビ跡におすすめ!イニスフリーのビジャシカバームが凄い!」のページをご覧ください!

飲み薬

体の内側から対策する、飲み薬も見ていきましょう。

チョコラBBプラス

肌荒れやニキビ、口内炎に効果的なビタミンB群を5種類、まとめて配合した医薬品です。体内で直接働く活性型ビタミンB2が、肌細胞の再生を助けてくれます。肌ケアだけでなく、体の疲れにも効果的な役目を果たすビタミンBが配合されています。

  • 価格:1,382円~
・特徴やおすすめポイント
5種類のビタミンBを配合
1日2錠で最大量のビタミンB群を摂取
肌細胞の再生をサポート
公式サイト:チョコラBBプラス

ヨクイノーゲンBC錠

繰り返すニキビや肌荒れに効果的な、漢方の医薬品です。水なしでも服用できるように、チュアブルタイプになっています。皮膚や粘膜を正常に保つために欠かせないビタミンB2・B6が主成分で、コラーゲンの生成に役立つビタミンCも配合されています。肌荒れに効果のある漢方成分、ヨクイニンの配合もポイントです。シュガーフリーで、カロリーが気になる方にも安心して服用できます。

  • 価格:1,200円~
・特徴やおすすめポイント
ビタミンB・ビタミンCで健康的な肌に改善
肌荒れに効果的なヨクイニンを配合
水なしでも飲めるチュアブルタイプ
公式サイト:ヨクイノーゲンBC錠

新エバユースB26

肌荒れやニキビ、口内炎の改善に役立つビタミンB2とB6を主成分としている医薬品です。コラーゲンの生成に欠かせないビタミンCやL-システイン、ヨクイニンなど、健康的な肌へと導く各種成分も配合されています。シュガーフリーでカロリーの心配なし、1日1回の服用で悩みをケアできます。

  • 価格:1,280円~
・特徴やおすすめポイント
健康的な肌を保つビタミンB2・B6・ビタミンC配合
肌荒れの改善に効果的なヨクイニン配合
公式サイト:新エバユースB26

ハイチオールBクリア

健康な肌を保つために欠かせないビタミンB群やビタミンCを配合した、医薬品です。さらに、ターンオーバーを促進するL-システインも配合。肌荒れやニキビに効果を発揮し、キメの整った肌へと導いてくれます。

  • 価格:598円~
・特徴やおすすめポイント
肌荒れやニキビに効果的なビタミンB群・ビタミンCを配合
代謝を促進するL-システイン配合
1日1回の服用でOK

ペアA錠

繰り返すニキビや肌荒れのケアに特化した、医薬品です。新陳代謝を促進し、老廃物を効果的に排出して肌の状態を改善するために役立つグルクロノラクトンや生薬ヨクイニンが配合されています。肌細胞の生まれ変わりに役立つ、2種類のビタミンBも配合。肌細胞に多く含まれる、L-システインも役立ちます。

  • 価格:1,440円~
・特徴やおすすめポイント
代謝促進に役立つL-システイン、ビタミンB群を配合
老廃物の排出を促すグルクロノラクトン配合
ニキビに効果的な生薬ヨクイニン配合
公式サイト:ペアA錠
スポンサーリンク

男性に効果テキメン!ニキビ跡を消す市販の商品2選!

男性は女性とは肌質が異なるため、女性のニキビ跡対策とは別に考えたほうがよいでしょう。男性に効果的な市販品を2つ、紹介します。

アットノン

傷痕を目立たなくする塗り薬のアットノンは、小林製薬から出ている医薬品です。やけどや切り傷、かきむしりの跡などにも効果的で、ニキビ跡にも使えます。有効成分は、ヘパリン類似物質。従来よりパワーアップを狙って、グリチルリチン酸ジカリウムとアラントインもプラスされています。傷痕に残った赤みを抑え、損傷した表皮の再生を促します。

公式サイト:アットノン

ケシミン

シミやそばかすを防ぐ効果のあるケシミンも、小林製薬から出ている商品です。メンズ用のケシミンが出ているので、男性でも購入しやすいでしょう。配合されたビタミンCとビタミンEは、シミ・そばかすだけでなくニキビ跡にも効果的です。

公式サイト:ケシミン

ニキビ跡におすすめの塗り薬や摂取方法!

ニキビ跡におすすめの薬は、塗り薬でも飲み薬でも商品ごとの使用方法に従うことが大切です。似たような成分配合だからといって、同じ使用法とは限りません。

塗り薬なら、洗顔をした後に化粧水で肌を整えてから患部に優しく塗るのが基本です。飲み薬も、商品ごとの使用方法を守るようにしてください。

これだけは気を付けたい!ニキビ跡に薬を塗時の注意点!

塗り薬で特に気を付けたいのが、肌質に合わなかったり効果を感じられないときです。

なかなか効果が出ないという場合もありますが、肌に合っていない薬を塗り続けると逆効果になる恐れもあります。万が一、肌に違和感を感じた場合はすぐに使用を中止して皮膚科を受診することをおすすめします。

また、なかなか効果が出ないという場合も、皮膚科で診てもらう必要があるかもしれません。

ニキビ治療におすすめの皮膚科や美容クリニックはこちらを参考にしてください。

ニキビが全然治らない ニキビ跡になり残るのが恐い 自分に合ったニキビ治療をしてほしい といった方には皮...

まとめ

ニキビ跡のケアは、自宅でじっくりとおこなうことも可能です。手軽にケアを始められる市販の飲み薬や塗り薬は、試してみる価値があるでしょう。

スポンサーリンク

シェアしてね♪

スポンサーリンク