韓国旅行にクレジットカードは必須!使える場所やブランド、おすすめカードを徹底解説!

シェアしてね♪

韓国へ旅行に行くけど、

  • クレジットカードは使える?
  • そもそも韓国は現金派?カード派?
  • カード決済は安全・安心?
  • カードブランドはどれが良いの?
  • おすすめのクレジットカードある?

など現地での支払い方法やクレジットカードの使用で気になることって様々ありますよね。

ここでは、韓国のクレジットカード事情をはじめ、カード決済が可能な場所、お店や韓国でメジャーなカードブランド、韓国で使うべきお得なクレジットカードなどを紹介してします。

クレジットカードを複数枚使いこなすことで、海外旅行保険の費用が浮いたり、現地での支払いがお得になったり、、と美味しいことずくめ!

ぜひ参考にしてくださいね。

スポンサーリンク

韓国のクレジットカード事情。アメリカに並ぶカード大国!

韓国は、クレジットカードの普及率が高い国です。

クレジットカード大国といわれるアメリカと並ぶほどで、1人あたりのクレジットカード保有数(約2~3枚)、使用回数(年間147回)ともに非常に高くなっています(参考:http://japan.hani.co.kr/arti/economy/17343.html)。

理由の一つとして挙げられるのが、クレジットカードでの支払いが国策になっていること。

政府にとっては脱税防止という目的もありますが、国がクレジットカードを使うべしとメリットを提示するなら利用しない手はありません。

また韓国政府は、クレジットカード利用による宝くじのシステムも導入しています。1回の買い物が1000円以上の場合、レシートに記載される番号が宝くじとなっています。

月1回、年12回の当選チャンスがあり、1回の当選金額が1億8千万円とされているため、国民はこぞってクレジットカードでの買い物をするようになりました。

ただし、同時に破産者が急増するという困った問題も引き起こしてしまうほど劇薬にも似た経済政策となりました。

韓国はこうした政府の政策もあり、クレジットカードが問題なく使える環境にあることは間違いないです。

韓国でクレジットカードは基本どこのお店でも使える!

国が推奨しているくらいですから、韓国でクレジットカードは使えない場所がないといわれるほどです。

現金払いをしている人を見るのが珍しいほど、クレジットカード払いが根付いているのに驚くかもしれません。

ちなみに韓国政府がどの程度関与しているのかというと、店舗に関しては年商240万円以上になるとクレジットカードを取り扱う義務があるほどです。

年商240万円といったら、ほとんど儲けがないような商売をしているお店ですらクレジットカードを取り扱わないとならないことになります。

日本ではクレジットカードを取り扱っていない店があっても不思議ではありませんが、韓国ではどんなに小さな商店でもクレジットカード払いができないほうが珍しいのです。

屋台や露店などは使えない

とはいえ、韓国でも年商240万円以下の店ではクレジットカードの取り扱いが義務化されていません。このため、屋台や露店などではクレジットカードを使えないところもあります。

韓国では食事ができる屋台や露店も多いため、こうした場所に行くときには現金を少し用意しておいたほうがよいでしょう。

ただし、逆に屋台や露店以外の店でクレジットカードを使えないとなると、そのお店は怪しいかもしれません。

通常の店舗を構えて商売していれば、よほどのことがない限り年商240万円くらいは超えているでしょう。

詐欺などにひっかからないためにも、クレジットカードが使えるかどうかは安全の判断ポイントにもなります。

韓国の一番メジャーなクレジットカードブランドは銀聯カード!

韓国で最も普及しているクレジットカードのブランドは、銀聯カードです。日本人には聞き慣れない名前のカードですが、中国や韓国ではとてもポピュラーです。

というのも、銀聯カードは中国のクレジットカードブランドだから。中国でも9割以上の人が使用していることから、中国人観光客の爆買いを期待して韓国でも銀聯カードが普及しているのです。

銀聯カードは韓国で受けられる特典が多い点も人気の理由なのですが、日本で暮らしている人にとってはなじみがないでしょう。もちろん、他にも使えるブランドが多いので安心してください。

メジャーなカードブランドは問題なく使える

韓国で普及しているクレジットカードのブランドには、VISA、マスターカード、JCBカード、アメリカンエキスプレスカード、ダイナースカード、ディスカバーカードなどがあります。

日本でも作れるカードブランドばかりですから、韓国旅行に行く前に作っておくと便利です。むしろ、使えないブランドはないといってもいいくらいですから心配ないでしょう。

QRコード決済が可能な店舗もある

韓国では、クレジットカード以外にQRコード決済も普及しつつあります。日本ではPayPayでおなじみになっていて、使い始めている人もいるのではないでしょうか。

近い将来には、クレジットカードを持つ必要もなく、QRコードでのスマホ決済が主流になるかもしれません。先取りして使い始めておくのも、おすすめです。

スポンサーリンク

韓国旅行におすすめのクレジットカードはこの3枚!海外旅行保険付きがアツい!

韓国旅行に行くなら

  • エポスカード
  • リクルードカード
  • 銀聯カード

これら3枚の年会費無料のクレジットカードを持っておくのがおすすめです。

それぞれ異なる特徴があるので、参考にしてみてください。

海外旅行保険が自動付帯のエポスカード

マルイグループから生まれたエポスカードは、年会費永年無料のクレジットカードです。

海外旅行傷害保険が自動付帯されているので、海外に行くときはわざわざ海外旅行保険に入る必要がありません。このため、海外旅行に行く人が持っておきたいカードとしておすすめです。

海外旅行先だけでなく、国内でも10,000店舗以上でエポスカードを使えます。ネットショッピングはもちろん、スマホ決済にも連携しているので、身軽に支払いができるようになります。

エポスカード 詳細はこちら

ポイント1.2%還元のリクルートカード

リクルートカードは、入会費も年会費も永年無料のクレジットカードです。

クレジットカードといえばポイント還元率は1%が一般的ですが、リクルートカードの場合は1.2%の還元率。使うたびにお得で、ショッピングもレジャーもますます楽しくなるでしょう。

リクルートカードでは、旅行損害保険も利用付帯となっています。旅行代金をリクルートカードで支払うことが条件ですが、ショッピング保険をつけることできるので便利ですね。

リクルートカード 詳細はこちら

割引が多い銀聯カード(Trip.comグローバルカード)

SMBCグループが提供するTrip.comグローバルカードは、65億枚以上発行されている銀聯ブランドです。

中国で最も使われているクレジットカードで、世界約5,000万店での使用が可能です。入会特典としてホテル予約が10%オフになったり、毎年誕生日やシーズン特典としてホテル予約がお得になる特徴もあります。

また現地のお店での買い物時に銀聯カードを使うことで5%OFFや10%OFFになることもあります。それだけに韓国人も銀聯カードをメイン使用にするほど

海外旅行保険は利用付帯で、Trip.comグローバルカードで旅行代金を支払うのが条件です。年会費は永年無料ですから、旅行好きな人にはもってこいのカードですね。

Trip.comグローバルカード 詳細はこちら

韓国旅行にクレジットカードが持つべき5つの理由

韓国旅行でクレジットカードを持っておきたい理由を5つ、紹介します。

現金の持ち歩きより安全!

韓国に限らず、海外旅行では現金よりクレジットカードでの支払いをしたほうが安全です。

現金を持ち歩きやすい日本人は海外で狙われやすく、実際現金は奪われたら戻ってきません。クレジッドカードであれば、盗難にあっても使用停止にすれば使われる心配はないのです。

海外旅行保険付き

クレジットカードに海外旅行保険が付いてくれば、旅行に行く前に別途海外旅行保険に入る必要はありません。

手間いらずなうえに、保険料金も節約できるのがメリットです。中には、自動的に海外旅行保険が付いてくるクレジットカードもあります。

カード会社のサポートが付く

海外でお金を使うとき、クレジットカード会社のサポートがあるのは安心です。

何かと不安のある海外旅行を思い切り楽しむためには、クレジットカードのサポートが心強い味方になってくれます。

盗難や紛失時の補償がある

現金を盗まれたり紛失してしまっても、戻ってくることはまずないでしょう。しかし、クレジットカードなら盗難や紛失時に補償を受けられます。

事件に巻き込まれたりしても、カード会社に相談すればどうすればよいかのアドバイスももらえます。

ポイントが貯まる

クレジットカードを持っていて嬉しいのは、使えば得するということです。

カードを使って支払いをすればポイント還元されるので、ポイントが貯まって新たなお買物や旅行などに利用できます。

クレジットカードは複数枚持ちにするとさらにおすすめ!

クレジットカードは1枚だけでも便利ですが、複数枚持っておくともっと助かります。その理由について、紹介しておきます。

海外旅行保険の補償の上乗せが可能

1枚のクレジットカードに付いてくる海外旅行保険の補償には、限度があります。複数枚のクレジットカードを持っていれば、それぞれの保険が適用されるのがお得です。

といっても、死亡・後遺障害保険が枚数分加算されることはありません。最も高額な補償金額が適用されることになるので、注意してください。

盗難、紛失時に困らない

クレジットカードを何枚か持っていれば、1枚盗難や紛失に遭っても他のカードを使えるので安心です。

カード会社に使用停止を請求できても、1枚しかカードを持っていないとその後の旅行を楽しめなくなってしまいます。その点、複数のカードを持っていれば他のカードを使えばよいのがメリットです。

使う場所に困らない

何枚か異なるブランドのクレジットカードを持っておくと、お店によって使い分けできます。

お店によっては使用できないカードのブランドもあるため、そのようなときに複数のブランドカードを持っておくと安心なのです。

まとめ

韓国旅行にクレジットカードが必須なだけでなく、何枚か持っていたほうが安心なことがおわかりでしょうか。

まだクレジットカードを持っていない方は、韓国旅行に行く前におすすめのクレジットカードを作っておきませんか?

スポンサーリンク

シェアしてね♪

スポンサーリンク