紫色に溢れた人気店CAFE BORA(カフェボラ)は韓国のどこ?店舗情報まとめ!

シェアしてね♪

出典:instagram

おしゃれカフェやインスタ映えするスイーツが続々と登場する韓国。

大規模なチェーン店はCMや広告などにより人気を集めますが、小さなカフェなどはSNSのクチコミから人気になるお店も多いですよね。

普通に歩いていたら気が付かないようなお店も、実は大人気店だった!という発見があるのがSNSの面白さのひとつかもしれません。

今回ご紹介する「CAFE BORA(カフェボラ)」もそのひとつであり、人気の発端はSNS!

そのためSNSをチェックしている、外国人観光客からも大きな支持を得ているお店です。

スポンサーリンク

SNSで話題沸騰中!ムラサキを基調としたCAFE BORA(カフェボラ)とは?

View this post on Instagram

j e l l yさん(@j_ellyyy)がシェアした投稿

「CAFE BORA(カフェボラ)」という愛称で親しまれているこちらのお店、実は「カフェ歩拏(ポラ)」が正しい名称となります。

漢字文化のない外国人観光客に合わせて「BORA」という表現にしているのかもしれませんね。

CAFE BORAをご紹介する上で欠かせないキーワードがあります。

それが「ムラサキ」!

店名にも使用されている「ポラ」は韓国語で「紫色」を表しており、こちらで頂けるスイーツは「紫カラー」が特徴となっています。

紫カラーと言って想像するものと言えば・・そう、紫芋です。

韓国人の方はとにかくサツマイモが大好きで、サツマイモラテやサツマイモアイス、サツマイモチップなどが日常的に食べられています。

紫芋もサツマイモの一種であり、ほんのり甘く、スイーツにすると絶品ですよね!

そんな紫芋をふんだんに使用したスイーツで人気を集めており、紫カラーのビジュアルに負けないほど、濃いお芋の味を感じることが出来ます。

特に人気があるメニューはポラピンスとポラアイスクリームで、ポラピンスは「紫芋かき氷」のこと。

ミルク味のかき氷にたっぷりのポラソース(紫芋ソース)がかかっており、野菜本来の優しい甘さを味わうことができます。

ちなみに、こちらは別容器にペースト状のポラソースが付いてくるので、最後の方で「ソースが足りない」ということにならず、最後の一口まで美味しいお芋を堪能することが出来ます。

そして、食べ歩きにもおすすめなのがポラアイスクリーム。

見た目にも可愛らしいソフトクリームには、ふんだんに紫芋が使われており、お芋が好きな方には堪らないスイーツ!

意外にも後味がさっぱりしているため、甘い物が苦手という方にも人気があります。

「三清洞(サムチョンドン)」という場所柄、小豆やサツマイモなどを使用したカフェがとても多く、ソウルの中でもどこかレトロな雰囲気を感じられる場所に位置しています

周辺には外国人観光客に大人気の「北村韓屋村」や「景福宮」、世界遺産の「昌徳宮」など散策にピッタリのスポットもたくさんあります。

ちょっと歩き疲れた時には、CAFE BORAで優しい甘さのスイーツやオリジナルドリンクなどを味わってみるのも良いかもしれませんね。

ちなみに、店内はかなり狭く、座席数も少ないため、お天気の良い日にはテイクアウトをして、周辺の公園などでゆっくり召し上がる方が多いとのこと。

週末や祝日は開店から閉店まで、ほぼ満席とのことですので、時間に余裕を持って訪れるようにしましょう!

メニュー:ポラピンス690円・イチゴパッピンス650円・ポラアイスクリーム350円・紫芋チップ400円 ※パッピンスもアイスクリームもテイクアウトが可能。

CAFE BORA(カフェボラ)は韓国のどこ?行き方は?

CAFE BORA 三清本店

↓店舗情報🚩↓

住所ソウル特別市鍾路区栗谷路3キル75-3
アクセス地下鉄3号線「安国駅」1番出口から徒歩7分。明洞や景福宮から訪れる場合「国立現代美術館」を目印にすると分かりやすいです。
営業時間11:30~22:00
定休日年中無休