今注目の観光スポット松月洞童話村のアクセス方法は?周辺観光スポット!

シェアしてね♪

出典:instagram

フォトジェニックな観光スポットが多い韓国。韓国旅行と言えばソウルや釜山、済州島を思い浮かべる方が多いですが国際空港がある「仁川(インチョン)」も実は隠れた人気の観光スポット!

チャイナタウンやテーマパーク、歴史的な博物館も多い仁川で若い女性に人気を集めているのが今回ご紹介する「松月洞童話村」です。空港へ行く前でも、ソウルへ向かう途中でも立ち寄ることの出来るスポットは可愛いものが大好きな女の子必見のスポット!

早速、どんな素敵なスポットなのかチェックしていきましょう。

スポンサーリンク

まるで童話の世界!人気観光スポット松月洞童話村とは?

Kanaさん(@kn194tp)がシェアした投稿

仁川にある「松月洞童話村」は「童話村」というだけあって、とってもメルヘンな雰囲気が感じられる村となっています。1883年に仁川港が開港したことにより中国人も多く住んでいましたが、韓国人と共に年々減少。

若者もソウルへ引っ越したり、ソウルで仕事を探す方が増えてきて、街は老朽化が進み活気をなくしてしまったんだとか。そこでお年寄りが多く建物も決してキレイではないこの街を、どうにか活性化したい!と考えて生まれたのが「松月洞童話村」です。

今では一年を通して多くの観光客が訪れる人気スポットとなり、街も明るく活性化に成功!元々は住宅地でしたが、今では使われていない家屋をショップやカフェ、体験館などに改装し、とても賑やかな雰囲気となりました。

「松月洞童話村」は誰もが知っている有名な童話をコンセプトに、壁画や内装、屋根などをメルヘンチックに改装!赤ずきんちゃんや不思議の国のアリスは、世界的に有名な作品のため外国人旅行者も楽しめる空間となっています。

また、ところどころにあるショップやカフェでもフォトジェニックなドリンクなどを販売しており、街並みだけでなく全てがメルヘンというのが特徴です。

トリックアート体験館といった体験スポットもありますが、外国人に人気なのは「街並みそのもの」。

m k さん(@__cameranoshashin)がシェアした投稿

どこを歩いても、どこを見渡しても、まるで童話の世界に入り込んだような空間でベンチや電信柱までアートされているのが驚きですね!

そのため週末になると街並みを撮影する観光客や写真家がとても多く訪れ、誰もがその世界観に引き込まれてしまいます。

ソウル市内でも「梨花壁画村」がありますが、こちらの「松月洞童話村」は立体的アートが楽しめることから非常に人気があるスポットとなっています。

松月洞童話村への行き方、アクセス、営業時間まとめ

住所:仁川広域市中区松月洞3街一帯
最寄り駅:地下鉄1号「仁川駅」2番出口から徒歩6分
営業時間:なし ※実際に住んでいる方もいるスポットのため、夕方以降は静かに散策しましょう。
定休日:なし
アクセス:2番出口を直進し、ひとつめの交差点(角が自動車修理工場)を右折すると「童話村入口」になっています。元々は住宅街のため「ここからここまで」というエリアではないのですが、カラフルな街並みが目立っているので迷うことはないと思います。

松月洞童話村の周辺にあるおすすめ観光スポットは?

仁川チャイナタウン

「松月洞童話村」から徒歩10分程の場所に位置する「仁川チャイナタウン」。韓国ドラマでよく見かける「ジャージャー麺」は実は、この仁川チャイナタウンが発祥です。

300メートル四方のエリアに中華料理店やお土産店が並んでおり、芸能人がわざわざソウルから訪れる人気店もあるんだとか!エリアの中には中国の歴史を知ることが出来る文化館や石造、華僑学校などもあり中国の下町を連想される家も立ち並んでいます。

横浜や神戸の中華街より狭いエリアのため、ちょっとだけ立ち寄って食事をするのもおすすめですよ!

住所:仁川広域市中区善隣洞北代洞一帯
営業時間:店舗により異なる
定休日:店舗により異なる
アクセス:地下鉄1号「仁川駅」1番出口から徒歩5分

仁川自由公園

韓国最古の西洋公園として知られている「仁川自由公園」。仁川開港と共に作られた公園で、日本統治時代には「西公園」という名前に変更。

その後「仁川自由公園」という名前に変わり、小動物園や展望台などが設けられています。広い公園の中には1982年に韓米修好通商条約締結100周年で建てられた記念塔や、双眼鏡を手に取り海の方向を眺めるマッカーサー将軍の銅像も。

それらと共に日本風の壁画や屋根なども並んでおり、異国文化が漂う雰囲気となっています。様々な歴史が盛り込まれている公園ですが、今では近所のお年寄りが集う憩いの場として利用されているため、厳格な雰囲気などはありませんので少し散策してみるのも良いと思います。

住所:仁川広域市中区松鶴洞1街1-11
アクセス:地下鉄1号「仁川駅」1番出口から徒歩10分

旧日本人街

Manamiさん(@manapak)がシェアした投稿

先にご紹介した「仁川チャイナタウン」の左側に位置するのが「旧日本人街」。

太平洋戦争時、約1万人の日本人が仁川に住んでいました。その後日本の敗戦と共に建物などの多くは韓国人へ返されましたが、伝統的な建物だけはそのまま残されていたと言います。

この周辺は「開港場近代歴史文化タウン」と名づけられており、当時の店舗や民家を忠実に再現。かつての日本の領事館や銀行などの建物が整備保存されており、一部は博物館として利用されています。

木造風の日本的な家屋や石造りの建造物は、日本好きの外国人観光客からも人気を集めており、私たち日本人もまた知ることの出来なかった歴史を知ることが出来るスポットとなっています。

再建築された建物は、内部にも入ることが可能なためこのエリアを全て歩いて周るには1時間~2時間ほどかかります。時間に余裕を持って行動するようにしてくださいね!

住所:仁川広域市中区中央洞1街一帯
アクセス:地下鉄1号「仁川駅」1番出口から徒歩10分

月尾島(ウォルミド)

JINさん(@_jin_0117)がシェアした投稿

こちらは仁川で一番人気のあるスポット「月尾島」。海に囲まれている月尾島にはおしゃれなカフェやショップだけでなく、遊園地や遊覧船などのアトラクションも多いことで知られています。

東大門などで見かける円形の乗り物「ディスコバンバン」の発祥はここにある遊園地で、そのためバラエティ番組の撮影などで利用されることも多いようです。どこに居ても海を一望できるため、デートスポットとしても人気があります。

住所:仁川広域市中区月尾文化路
アクセス:地下鉄1号線・水仁線「仁川」駅下車後、国鉄仁川駅前から市内バスで約5分