韓国のマチュピチュ甘川洞文化村の行き方は?周辺スポットまとめ!

シェアしてね♪

出典:instagram

フォトジェニックスポットが人気を集めるこの頃ですが、韓国に「村全体がフォトジェニック!」と賑わっている場所があります。

「韓国のマチュピチュ」と呼ばれているその村は、甘川文化村(カンチョンムヌゥアマウル)。繁華街からバスを乗り継ぐ、決して行きやすい場所ではないのに観光客が絶えません。

それではそんな甘川文化村の魅力を詳しくご紹介します。

スポンサーリンク

韓国の「マチュピチュ」ともいわれる甘川洞文化村とはどんなところ?

tina5869さん(@tina5869)がシェアした投稿

甘川洞文化村は韓国第二の都市・釜山にあります。釜山は港町で、綺麗なビーチや新鮮な海の幸が有名な観光地。海のイメージが強いですが、実は山に囲まれています

その山肌にたくさんの民家が密集して建ち並ぶ集落があり、その1つが甘川洞文化村です。もともとは朝鮮戦争時代に北朝鮮側から逃げてきた人々が作った集落で、入り組んだ路地が迷路のようになっていたり、あちこちに階段があったり、不思議な風景です。

そんな風景を気に入った芸術家や写真家がギャラリーを作り始め、2009年から「マチュピチュプロジェクト」として村全体にアート作品を飾るようになりました。

:)さん(@_____831cmr_)がシェアした投稿

色とりどりのカラフルな家屋と、村の至る所に並ぶアートやオブジェ。きっとたくさん写真を撮りたくなるはずです!

甘川洞文化村の楽しみ方は・・・

まず村の入口にある観光案内所に立ち寄り、観光地図(2000ウォン)を購入しましょう。効率的に回れるように分かり易くコースが記されているので、ハングルが読めなくても問題ありません。

:)さん(@_____831cmr_)がシェアした投稿

地図にはスタンプラリーもついています。地図を見ながら村を回り全部スタンプを集めたら、最後にコミュニティセンターに持って行くと記念ポストカードをもらえます。

情報センター(ハヌルマル)ではこのポストカードを1年後に配達してくれるというユニークなサービスも行っています。所定の切手代が必要ですが、旅の思い出として未来の自分に手紙を書くのも素敵ですね。

甘川洞文化村は現在でも人々が生活をしている場所なので、観光案内所があいている午前9時~午後6時までに観光を済ませるようにしましょう。

ゆっくりと写真を撮りながら回ると2時間半~3時間ほどかかります。足場が不安定な道や階段が多いので、歩きやすいスニーカーなどで行くことをオススメします。

甘川洞文化村は韓国のどこに?行き方は?

住所:釜山市沙下区甘川洞10-13。
営業時間:9時~18時で、年中無休です。

日本語可能な観光ボランティアがいる時もありますが、基本的には日本語不可です。

アクセス:釜山地下鉄1号線の南浦駅またはチャガルチ駅から17番の市内バスに乗り、終点の停留所で下車します(約20分)。ここから徒歩で村の入口まで行くことも可能ですが急な坂道を登らなければいけません。1番、1-1番、2番のマウルバスに乗り換え2~3分で「甘川洞文化村」停留所に到着します。

甘川洞文化村周辺の観光スポットは?

シアホットック

釜山ならではの外せないグルメです。ホットックの中にシア(ナッツ類)がたっぷり!

生地の外側はカリッと焼かれ中はモチモチ、更にナッツの弾ける食感がクセになります。甘川洞文化村を散策しながら召し上がれ。

住所:釜山市沙下区甘川洞2-365
電話:010-2739-7954
営業時間:9時~18時
年中無休

BEEZE BURN’S

박진선さん(@raccoon_zz)がシェアした投稿

釜山発のハンバーガーチェーン。肉本来のおいしさを味わえるお店として外国人からも評判です。

店内はお洒落なアメリカのカフェのような雰囲気で、夜はお酒を飲むこともできます。

住所:釜山市中区光復洞1街31-2
営業時間:11時~23時
休業日:旧正月と秋夕の各当日
アクセス:釜山地下鉄1号線南浦駅7番出口を出たら左に曲がり、少し進むと右手にあります。徒歩約1分です。

チャガルチ市場

@_____asahirubanがシェアした投稿

釜山に来たら必ず訪れたい、釜山を代表する観光地です。市場で働く人々の活気に触れ、新鮮な海産物を堪能してください!

住所:釜山市中区南浦洞4街37-1
営業時間:小売り(一般向け)7時~21時
休業日:旧正月・秋夕当日と次の日・第1火曜日・第3火曜日
アクセス:釜山地下鉄1号線チャガルチ駅10番出口を出て直進し、1つ目の角を右折。交差点を横断し突き当たりを左折すると右手にあります。