【ギネス認定百貨店】釜山センタムシティの魅力を大公開!必ず行くべき!

シェアしてね♪

韓国・釜山で注目を浴びているホットなスポット「センタムシティー」をご存知ですか!?

以前は全く有名ではなかったエリアですが急激に都市開発が進み、今では釜山を代表する観光スポットになりました。グルメ・ショッピング・観光など、一日中楽しめる充実度満点のセンタムシティーについて詳しくご紹介します!

スポンサーリンク

韓国釜山|センタムシティーってどんな所?

View this post on Instagram

Yukari Sonodaさん(@yechun_12)がシェアした投稿

釜山地下鉄2号線センタムシティー駅が最寄りの、高層ビルが立ち並ぶ最先端な街・センタムシティー。駅から直結している新世界百貨店センタムシティー店は2009年のオープン以来このエリアの中心的存在!

売り場面積世界一としてギネスに登録された超巨大ショッピングモールです。

世界一になったことに満足せず今後も売り場の拡大を続けていく予定ということで、一体どこまで大きくなるのか目が離せません。また百貨店内のショップは定期的にリニューアルされ、お客さんを飽きさせない工夫がされています。

View this post on Instagram

@roy_park1がシェアした投稿

百貨店だけではなく、アイスリンク・子供向けの公園・スパ施設・ゴルフ練習場・映画館・ギャラリー・文化ホールまで!まさにエンターテイメントが詰まった世界一のビルということです。

新世界百貨店センタムシティー店と隣接するのは韓国を代表する百貨店の1つロッテデパート。裏手にはアジア最大級の映画祭といわれる釜山国際映画祭のメイン会場である映画の殿堂。

View this post on Instagram

Jeong Heeさん(@revoir_jeonghee)がシェアした投稿

その他にホテル・オフィス・大学・コンベンションセンター・市立美術館などなど。とにかくなんでも揃っている魅力だらけの街がセンタムシティーです。

韓国釜山|センタムシティーにはどんなお店があるの?

ファッション・ブランド

View this post on Instagram

Jaden Julle Choさん(@jullecho)がシェアした投稿

韓国トップレベルの百貨店であり、その上売り場面積世界一の新世界百貨店センタムシティー店。主要なブランドは全て入っていると言っても過言ではありません。

ハイブランドではグッチ・エルメス・フェンディー・プラダ・ルイヴィトン・バレンシアがなどが勢ぞろい。カジュアルブランドではラコステ・コロンビア・ノースフェイス・H&M・GAP、アクセサリーではタサキやスワロフスキーなど。

紳士服・スーツでは韓国人気ブランドのロガディスやギャラクシー、子供服はナイキ・ミキハウス・バーバリー・ポロラルフローレンなど。性別・世代に関係なくすべての人が買い物を楽しめるようバラエティー豊かな店舗が入っています。

コスメ

View this post on Instagram

NATURE REPUBLIC – INDONESIAさん(@naturerepublic.id)がシェアした投稿

日本での人気も高い高級志向のソルファスやオフィをはじめ、ネイチャーリパブリック・イニスフリー・スキンフードなどのプチプラコスメブランドも充実。

ショッピング

View this post on Instagram

오블리크테이블さん(@obliquetable_official)がシェアした投稿

お菓子や化粧品などが揃うバラエティーショップBoots(ブーツ)では、韓国の「今」のホット商品が手に入ります。

「韓国のIKEA」と呼ばれているハンセムプラグショップでは家具・生活雑貨・キッチン用品など、韓国らしい様々な雑貨がお手頃価格で購入できます。大型マートのホームプラスでは、韓国の日常の食卓に並ぶ食材やお土産にピッタリなお菓子や海苔などのお買い物にオススメ。

グルメ

View this post on Instagram

@gyyyyu__がシェアした投稿

新世界百貨店センタムシティー店内には地下1階のフードマーケット(デパ地下)・4階のフードパーク・9階のレストラン街など、飲食店も豊富です。

韓国料理はもちろん、日本食・イタリアン・中華など様々なジャンルを網羅しています。韓国料理では牛骨スープと鶏のスープが絶妙なバランスで地元の人達に愛されている東莱参鶏湯(トンネサムゲタン)。

釜山・海雲台に本店がある元祖あわび粥(ウォンジョジョンボッチュク)のあわびビビンバも有名です。色々な韓国料理が楽しみたいという方には韓食ビュッフェのオルバンなどがオススメです。

女性や健康志向の方に大人気の油不使用・揚げ物ナシ・減塩をテーマにしたseven springs(セブンスプリングス)や、ボストン発祥のインスタ映えアイスクリーム・Emack&Bolio’s(エメックアンドボリオス)など話題のお店も揃っていますよ。

韓国釜山|センタムシティの場所、アクセス方法は?

新世界百貨店センタムシティー店の住所は釜山広域市海雲台区佑洞1495。

最寄り駅は釜山地下鉄2号線センタムシティ駅で、駅から地下直結ですぐのところにあります。その他、釜山東海線BEXCO駅1番出口からは徒歩約12分です。金海空港からは市内バス307番に乗りロッテ百貨店センタムシティー店で下車します。乗車時間は約77分です。

韓国釜山|センタムシティの営業時間は?

新世界百貨店センタムシティー店の営業時間は(月~木)11時~20時、(金~日・祝)11時~20時30分となっています。

レストラン街や地下街の営業時間はそれぞれ異なるのでご注意ください。休業日は月1回(不定期)と、旧正月・秋夕の当日と前日です。

スポンサーリンク

なによりもオススメはここ!スパランド!

View this post on Instagram

cork10さん(@cork10)がシェアした投稿

新世界センタムシティー店内にあるスパランドは、都会のオアシスと呼び声の高い大人気スパ。

広大な敷地の中に天然温泉や露天風呂・22種類のサウナ(チムジルバン)・レストラン・ネイルサロン・エステやマッサージスペースなどのリラクゼーションの全てが揃い、南国のリゾート地に来ているようなモダンで優雅な雰囲気が漂っています。

View this post on Instagram

ʝυℓιє | 쯀 ✨さん(@mrs.juleslee)がシェアした投稿

沐浴場以外は男女共通スペースなので家族一緒に楽しむことも可能。各所にイスやソファーや寝転がれるお座敷などがあるので、思い思いにゆったりと寛ぐことができます。

スパ内でかかるお金は入館時に受け取る鍵に全て集約され出る時に清算するシステムなので、貴重品を持ち歩く心配などもなく心からリラックスできることでしょう。

・営業時間は6時~24時(最終入場は22時30)
・月に1回、新世界百貨店の休業日はスパランドも休業
・大人の利用料は(平日)15000₩、(土日・祝)18000₩
・中高生の利用料は(平日)12000₩、(土日・祝)15000₩
・最大利用時間:4時間(越える場合は追加料金(1時間あたり3000₩)が発生)
・7歳未満(未就学児)の入場は禁止
・アカスリの利用料は背中(10分)12000₩、全身(25分)25000₩です。

まとめ

美味しい食事、楽しいショッピング、刺激いっぱいのエンターテイメント、旅の疲れを癒すリラクゼーションまで!

1つのエリアにここまで集結している場所はなかなかありませんね。限られた滞在時間を効率よく過ごしたい方にはピッタリの場所ではないでしょうか。

これからも進化の途中であるセンタムシティー。これからの発展からも目が離せませんね!

あわせて読みたい記事

若者が集う繁華街、観光客にも人気の市場エリア、海や山など自然も楽しめる、見どころがギュッと詰まった韓国第二の都市「釜山」 ...
今や音楽だけにとどまらず観光地としても定番となったお隣「韓国」華やかで都会なソウルだけじゃない! “映えスッポ...