Stray Kids(スキズ)の人気おすすめ曲ランキングTOP15!エモい・かっこいい!

シェアしてね♪

2018年にデビューした韓国の8人組男性アイドルグループStray Kids(スキズ)。

Stray Kidsはサバイバルオーディション番組「Stray Kids」で、メンバーがメンバーを選抜して誕生。ほとんどの楽曲の作詞作曲や振り付けをStray Kidsのメンバーがプロデュースしていることから「自主制作ドル」とも呼ばれています♪

Stray Kidsの楽曲は心を動かすエモい歌詞やかっこいいダンスパフォーマンス、洗練された歌唱力で多くのファンを魅了。韓国に留まらず日本でも人気を誇り、2020年には日本デビューも果たし、日本語曲もリリース

そこで今回は、Stray Kidsの人気おすすめ曲ランキングTOP15をご紹介

バラードや明るいポップテイスト、ラブソングなど様々なジャンルの楽曲も紹介しますので必見ですよ♪

スポンサーリンク

読み飛ばせる目次

Stray Kids(スキズ)人気曲一覧!リリース順まとめ!

リリース日曲名
2018/01/26Hellevator
2018/08/06My Pace
2018/03/26District 9
2019/03/25MIROH
2019/09/19et Cool
2019/12/09Astronaut
2019/12/09You Can STAY
2020/06/03SLUMP
2020/06/17God’s Menu
2020/06/17Blueprint
2020/09/14Ex
2020/09/14Back Door
2020/10/27ALL IN
2022/03/18MANIAC
2022/10/07CASE 143

Stray Kids(スキズ)のおすすめ人気曲ランキングTOP15!読み方も!

Stray Kidsのおすすめ人気曲をランキング形式でご紹介します!

読み方も紹介しますのでぜひ気になる曲を聴いてみてくださいね♪

デビュー曲!15位 District 9(ディストリクトナイン)

District 9(ディストリクトナイン)は、2018年3月にリリースされた1stミニアルバム「I am NOT」のタイトル曲。

「I am NOT」で正式デビューを果たし、District 9はデビュー曲でもあるんです!

デビュー前から楽曲のプロデュースをメンバー自身で行い、District 9も作詞作曲はスリラチャのバンチャン、チャンビン、ハンが参加。アルバムにはメンバーのアイデンティティや若者の共感を得るような葛藤、悩みをテーマにした8曲を盛り込み、曲名のDistrict 9はStray Kidsのアジトを意味しています。

曲のイントロからモールス信号が流れ、アップテンポのエレクトニックなサウンドが印象的で、ヒップホップ、ロック、EDMが見事に調和し、高速ラップにメンバー自身が振り付けを考案したダイナミックなダンスは新人グループとは思えない完成度の高さ。

MVは公開して24時間で427万回ものの再生回数を記録し、多くのファンを魅了しました!

<<District 9のMVはこちら!!

涙するファン続出!14位 Astronaut(アストロノート)

Astronaut(アストロノート)は、2019年12月にリリースされた5枚目ミニアルバムCle: LEVANTERの収録曲。

4枚目ミニアルバム「Cle1?: MIROH」やスペシャルアルバム「Cle 2?: Yellow Wood」の「Cle」シリーズを連想させる羅針盤や、ドアなどがAstronautの歌詞やMVに登場し好奇心が掻き立てられます!

作詞作曲はスリラチャと海外の有名シンガーとコラボ経験のあるSondr(サンダー)がタッグを組み、クオリティの高い仕上がりに。Stray Kids初挑戦のEDMトラックと踊りたくなるようなグラップが絶妙にマッチしStray Kidsの可能性の幅を広げた楽曲でもあるんです。

前向きでハツラツとした曲ですが、リリース2ヵ月前に突如脱退したウジンを思い出して涙するファン続出

<<AstronautのMVはこちら!!

出勤、通学前に聴くとテンション上がる!13位 Get Cool(ゲットクール)

Get Cool(ゲットクール)は、2019年9月にリリースされた1stデジタルアルバム「UNVEIL StrayKids」の収録曲。

Stray Kidsには珍しく、可愛いPOPな楽曲でMVのメンバーの笑顔や仲の良さに癒されます

サビは両手をリズミカルに動かす振り付けでマネしたくなり、ダンス練習の動画もYouTubeにアップされているのでぜひチェックしてみてくださいね!

歌詞には日常のちょっとした幸せが表れ、憂鬱な気分や疲れを吹き飛ばしてくれ、「全部うまくいく」とポジティブな思いも込められ、出勤や通学前に聴くとテンションが上がり前向きになれること間違いなし!

<<Get CoolのMVはこちら!!

ファンのへの気持ちを綴った泣ける曲!12位 You Can STAY(ユーキャンステイ)

You Can STAY(ユーキャンステイ) は、2019年12月にリリースされた5枚目ミニアルバム「Cle: LEVANTER」の収録曲。

STAY(Stray Kidsのファン)への愛情を歌った楽曲です。

MVにはオリンピックホールで開催された初の単独コンサートも映し出され、STAYに感謝の気持ちをプレゼントしたいという想いが込められています。

「ここにいてもいいよ」「STAYでいてもいい」という歌詞に多くのファンの心を掴み、感動を巻き起こしました!2022年10月のソウル公演では、ファンがYou Can STAYを大合唱して、メンバー達の感極まる姿が話題に♪

<<You Can STAYのMVはこちら!!

隠れた名曲!11位 Ex(イーエックス)

Ex(イーエックス)は、2020年9月にリリースされたリパッケージアルバム「IN生 (IN LIFE)」の収録曲。

恋人への気持ちが冷めて突き放して別れた後の恋しさを綴った曲で、「けなしていいよ」「思う存分けなせ」と強い後悔も歌詞に込められ、切ない失恋ソングとして知られています。

3RACHAのバンチャンとチャンビンが作詞作曲を担当

アップテンポで暗すぎないメロディーラインに透き通ったボーカルが加わり、一層情緒的な雰囲気に♪MVで見せるメンバーの切ない表情は曲にマッチし、心動かされるファンが続出!

<<ExのMVはこちら!!

応援ソング!10位 My Pace(マイペース)

My Pace(マイペース)は、2018年8月にリリースされた2枚目ミニアルバム「I am WHO」のタイトル曲。

「比べなくても良い」「自分の道を進んだら良い」と歌詞に綴られ、曲名通り自分のペースで歩むことを応援する一曲。背中を押してくれるような、エネルギッシュな歌声と明るいサウンドです:)

MVではダイナミックなダンス、キレのあるラップを披露し、YouTubeの再生回数は1億回を突破!

人気が相まって、日本語バージョンの「My Pace -Japanese ver.-」は、ABEMAオリジナル恋愛番組「虹とオオカミには騙されない」の挿入歌に。真実の恋を叶えようと頑張る番組出演者への応援ソングにピッタリ♪

<<My PaceのMVはこちら!!

特徴的な歌詞が印象!9位 ALL IN(オールイン)

ALL IN(オールイン)は、2020年11月に日本でリリースされた1stミニアルバム「ALL IN」のタイトル曲。

世界的プロデューサーのJ.Y. ParkとStray Kidsが共同で制作し、リリース前から大きな期待を寄せられることに。J.Y. Parkはメンバーに内緒で楽曲トラックを制作し、磨きあげた音源をメンバー達に聴いてもらい気に入ってもらったというエピソードも。

曲名のALL IN(=全てを懸けている)には、音楽活動に全てを懸けている自信から、「STOPの検索結果がありません」とユニークなフレーズが綴られ、僕の辞書にはストップという言葉はないという意味が込められています!

そんなパワフルな曲にヒョンジンは声帯に全てを懸け、燃え尽きるくらいに強めにレコーディングしたと公言の通り、力感溢れるラップを披露♪

人気の勢いは止まらず、オリコン週間チャートでは2位を記録、MVのYouTube再生回数は4,000万回超えを突破!

<<ALL INのMVはこちら!!

地獄とエレベーターを掛け合わせた曲!8位 Hellevator(ヘレベーター)

Hellevator(ヘレベーター)は、2018年1月、デビュー前にリリースしたミニアルバム「Mixtape」のタイトル曲。

デビューのきっかけとなったサバイバルオーディション番組「Stray Kids」内でHellevatorが誕生。ファンの間でも思い入れが深い曲でMVのYouTube再生回数は1億回以上

曲名のHellevator はHell(地獄)とElevator(エレベーター)を合わせた言葉で、先の見えない練習生時代にデビューの夢へ駆け上がっていくという強い想いが込められています。

力強いラップ&ダンスパフォーマンスでデビュー前とは思えない高い完成度で、多くのファンに親しまれています:)

<<HellevatorのMVはこちら!!

エモい曲!7位 Blueprint(ブループリント)

Blueprint (ブループリント)は、2020年6月にリリースされた1stフルアルバム「GO生」の収録曲。

Stray Kidsの初のフルアルバムは3RACHAが全ての楽曲の制作に参加、「生」の姿を見せたいという強い気持ちがアルバム名にも込められています。今まで聞いたことのない新鮮な楽曲のラインナップで、Blueprintもその一つ。

軽やかなサウンドにメンバーの優しい歌声がマッチして夏に聴きたくなる爽やかな曲。歌詞には将来に向けて青写真を描く前向きな想いが綴られエモさも感じられます

MVでは青を基調とした海や空をバックに、ホワイトルックのメンバーが楽しむ新たな一面を見られます♪

<<BlueprintのMVはこちら!!

1度聞くと耳から離れない!6位 God’s Menu(ゴッズメニュー)

God’s Menu(ゴッズメニュー)は、2020年6月にリリースされた1stフルアルバム「GO生」のタイトル曲。

タイトな高速ラップから始まり、フィリックスの魅力的な低音ボイスが響いてエンドレスで聴きたくなる曲。「DU DU DU」の掛け声は1度聴いたら耳から離れないと話題に♪

Stray Kidsの音楽性を料理に例え、どんなファンでも満足を与えると頼もしい想いが歌詞に綴られています。MVでも包丁さばきを思わせる振り付けや、ダイナミックな動きを取り入れた洗練されたパフォーマンスを披露!

また、MVにはJYP事務所の後輩でもあるNiziUのメンバーが参加。制服姿がとても可愛いのでぜひMVもチェックしてみてくださいね♪

<<God’s MenuのMVはこちら!!

THE FIRST TAKEでも披露したバラード曲!5位 SLUMP(スランプ)

SLUMP(スランプ)は、世界各国で人気を誇るウェブ漫画原作のTVアニメ「神之塔 -Tower of God-」のエンディング曲

韓国、アメリカ、日本の3カ国で放映されることからSLUMPは韓国語、英語、日本語バージョンそれぞれを制作。韓国verは2020年6月にリリースされた1stフルアルバム「GO生」に日本語verは同月リリースの日本1stシングル「TOP -Japanese ver.-」に収録。

アニメの世界観とStray Kidsの音楽性が込められ、ロックサウンドにメンバーの力強い歌声やラップが心地よく、歌詞も曲の後半にかけて盛り上がりを見せます!MVはアニメの名シーンとメンバーのレコーディング姿が織り交ぜられた特別感溢れる内容。

一発撮りのパフォーマンス映像を配信する音楽系YouTubeチャンネル「THE FIRST TAKE」にも韓国初のアーティスとして出演し、SLUMP -Japanese ver.-を披露。

MVとは異なる緊張感の中で披露する姿は新鮮で見応え十分ですよ♪

<<SLUMPのTHE FIRST TAKEはこちら!!

とにかくかっこいい曲!4位 Back Door(ブラックドア)

Back Door(ブラックドア)は、2020年9月にリリースされたリパッケージアルバム「IN生 (IN LIFE)」のタイトル曲。

前作God’s MenuのMVでは、メンバーらがBack Doorに向かって歩くシーンで締めくくり、今作ではBack Doorの先でのStray Kidsの人生や音楽、遊びについて表現し、前作との繋がりもみられます

アコースティックやシンセイザーなど色んなサウンドに重厚感のあるビートはStray Kidsの魅力が最大限に発揮され、J.Y. Parkもよく出来ていると絶賛

MVは見るのを飽きさせないほどシーン展開が多く、力強く歌うクールな姿、パワフルなダンスパフォーマンスは圧巻。NiziUのメンバーも出演しているのでぜひチェックしてみてくださいね♪

<<Back DoorのMVはこちら!!

今までにない新しい曲!3位 MANIAC(マニアック)

MANIAC(マニアック)は2022年3月にリリースされた6枚目ミニアルバム「ODDINARY」のタイトル曲。

リリース前から話題がのぼり先行注文数は130万枚を突破、アメリカビルボードのワールドアルバムチャートでは4週連続で1位を記録。

アルバム名にはOdd(おかしい)とOrdinary(平凡)を合わせた言葉で、平凡なStray Kidsにもおかしいところがあり、またおかしいところが平凡でもあるという意味が込められています。

中毒性の高い麻辣味音楽を披露し話題になったGod’s Menuと同じく、3RACHAと作家のVERSACHOIが再びタッグを組み制作。ノーマルの枠を壊してアブノーマルな話をStray Kidsのスタイルで歌詞やパフォーマンスで表現。

個々が成長したエネルギッシュなStray Kidsの世界観を楽しめます♪

<<MANIACのMVはこちら!!

究極ラブソング!2位 CASE 143(ケースワンフォースリー)

CASE 143(ケースワンフォースリー)は、2022年10月にリリースされた7枚目ミニアルバム「MAXIDENT」のタイトル曲。

Stray Kids初のラブソングで恋に落ちた色んな感情を事件に例え、「I LOVE YOU」をタイトル名の143というコードで表現。Stray Kidsらしい愛の表現はMVにも現れ、愛らしいハートがメンバーに入り込んで恋の事件を楽しむ姿が魅力的

変則的なメロディーに重厚感のあるビートに乗せたラップは聞き心地良く、何度も聴きたくなる曲です。

前作のミニアルバム「ODDINARY」から7ヶ月ぶりのカムバックに大きな期待が寄せられ、先行注文数は224万枚を突破。さらにアルバム初動販売数は「ODDINARY」の85万3,021枚を超える218万5,013枚を記録し、世界からも認められるK-POPグループとして地位を確立しました!

<<CASE 143のMVはこちら!!

有名になった曲!1位 MIROH(ミロ)

MIROH(ミロ)は、2019年3月にリリースされた4枚目ミニアルバム「Cle1: MIROH」のタイトル曲。

デビュー1周年を記念してリリースされ、アルバム名のCle1はフランス語で鍵、MIROHは迷路を意味しています。

恐怖の迷路に立つStray Kidsの覇気と抱負を表し、失敗を恐れる人々の背中を押してくれる勇気溢れる曲。HIPHOPと多彩な音を奏でるEDMの調和にラップがカッコ良くマッチ♪MVは映画のワンシーンを思わせるほど、ダイナミックで息の合ったダンスに圧倒されること間違いなし!

海外からも注目を集め、海外15の地域のiTunesアルバムランキングで1位を獲得、MVもYouTubeに公開後約30時間で再生回数1,000万回を超える大ヒット!

MIROHでStray Kidsの知名度は益々上昇し、今でも人気曲として親しまれ続けています♪

<<MIROHのMVはこちら!!

↓Stray Kidsメンバーを詳しく紹介!

TWICEなどが所属する大手事務所、JYPエンターテイメントから2018年にデビューした男性9人組アイドルグループ「Stra...

Stray Kidsのユニット曲もかっこよ過ぎる!

Stray Kidsはスリラチャ、ダンスラチャ、ボーカラチャの3つのユニットがあるのも特徴的。

2019年11月にソウルで開催された初の単独コンサート「Stray Kids World Tour District 9:Unlock」でそれぞれのユニット曲を披露しカッコ良すぎると話題に。ユニット曲は2020年9月にリリースされたリパッケージアルバム「IN生」に収録されています。

ぜひユニット曲も聴いてみてくださいね♪

スリラチャ

Stray Kidsの楽曲の作詞作曲を手掛けるプロデュースユニット、スリラチャ(3RACHA)。

リーダーのバンチャン(CB97)、ラッパーのチャンビン(SPEARB)ハン(J.ONE)の3人で結成。()は3RACHAとして活動する際の名前。

We Go

スリラチャのユニット曲「We Go」は、初恋のときめきを表現し、バンチャンの「どこでも飛んでいく」「どこでも行くさ」と男らしい甘い歌声は何度も聴きたくなるほど魅力的。

チャンビンとハンのアップテンポのラップは洗練されたビートに絶妙にマッチ♪

プロデュースユニットの真骨頂を発揮した完成度で、「好きな曲」「痺れる」とファンからも大絶賛!

ダンスラチャ

Stray Kidsのキレのある振りが好評のダンス担当ユニット、ダンスラチャ。

キリッとしたクールな顔立ちのメンバーが揃っていることからビジュアル担当とも呼ばれています!

リノヒョンジンフィリックスの3人で結成。

Wow

Wowは歌詞に「君は僕を惑わせる」と綴られ、初恋のもどかしい気持ちを表現した曲

しっとりとしたメロディーにリノとヒョンジンのセクシーな綺麗な歌声と、フィリックスの低音ボイスが絶妙にマッチ♪色気たっぷり&キレッキレのダンスは、曲にぴったりでセクシーな雰囲気が溢れています!

ダンス担当ユニットではありますが、優れた歌唱力と完璧なビジュアルも披露したWowはカッコ良すぎると多くのファンを魅了!

ボーカラチャ

リードボーカルとして活躍するボーカル担当のユニット、ボーカラチャ。

デビュー当時は脱退したウジンもボーカラチャの一員でしたが、現在はスンミンアイエンの2人で結成。

グループの中でアイエンとスンミンは年が若く、メンバーからも可愛がられる存在♪

My Universe

ボーカラチャのスンミンとアイエンがメインで歌い、チャンビンがフィーチャリング参加したMy Universe。スンミンが作詞を手掛け、ファンに話したいことやスンミンの気持ちを表現し、元気が出るようにという想いが込められています。

「どんな時でも光になってあげる」「いつでもきみに会いに行くよ」と綴られ、スンミンとアイエンの綺麗な透き通った歌声とチャンビンの優しく語りかけるようなラップが見事に調和!

【番外編】Stray Kidsのおすすめ日本オリジナル曲も紹介!

それではここで、Stray Kidsのおすすめ日本オリジナル曲もご紹介!

2020年3月に日本デビューを果たしたStray Kidsは日本語ver.の楽曲もリリース。

綺麗な日本語の歌声で聞き惚れてしまうほど。ぜひ聴いてみてくださいね♪

Scars

2021年10月に日本でリリースされた、2ndシングル「Scars/ソリクン-Japanese ver.-」の収録曲。

Stray Kidsがこれまでに目標に向かって絶えてきた努力や試練をScars(傷)として表現。歌詞には「傷つこうと進んでいく」と、今後もその傷を乗り越えて前に進んでいくという覚悟が込められています。

しっとりとした歌声とパワフルなラップの調和がStray Kidsの個性を発揮。

人気の勢いは止まることなくオリコン週間シングルランキングやビルボードジャパンホット100で2位を記録。CDを購入すると店舗別特典のポスターやキーホルダー、オンラインイベントの応募特典など豪華特典でファンを喜ばせました!

<<ScarsのMVはこちら!!

CIRCUS

2022年6月に日本でリリースされた2ndミニアルバム「CIRCUS」のタイトル曲。

タイトル名の通り、サーカスをテーマにした華やかなHIPHOPジャンルのダンスナンバー。

弦楽器を弾いたリズミカルなPluckベースとボーカルの歌や声を切り取って並び替える、特殊なテクニックを用いたボーカルチョップを組み合わせた音源は、サーカスの臨場感や愉快な雰囲気を演出。また、サーカスに登場する象をドラムスで足音に見立てるStray Kidsらしい遊び心も♪

MVにはサーカス小屋のセットに本物のサーカス団も加わり本格的!メンバーは1人2役を演じて、合成技術で16人に分身するシーンや息がぴったりのシンクロダンスも見どころです♪

実力の高さは多くのファンを魅了し、MVのYouTube再生回数は5,300万回超え、アルバムもオリコンデイリーアルバムランキングなど名だたるチャートで首位を獲得!

<<CIRCUSのMVはこちら!!

↓Stray Kidsメンバーを詳しく紹介!

TWICEなどが所属する大手事務所、JYPエンターテイメントから2018年にデビューした男性9人組アイドルグループ「Stra...

まとめ

Stray Kidsの人気おすすめ曲ランキングTOP15を紹介しましたがいかがでしたか?

グループ名「Stray」の古い形式やシステムから抜け出すという想いが楽曲にも込められ、斬新なサウンドと洗練された歌声は中毒性があり何度も聴きたくなる曲ばかりです!

海外でも人気の勢いは止まらず、2019年にはアメリカやヨーロッパなどをまわるワールドツアーを開催、名だたる音楽チャートの首位を獲得。高い実力と成長し続けるStray Kidsの今後の活躍から目が離せません!

ぜひStray Kidsのお気に入りの曲を見つけてみてくださいね♪

スポンサーリンク

シェアしてね♪

スポンサーリンク