韓国芸能人も行う【さつまいもダイエット】が効果的!?必ず痩せる方法教えます。

シェアしてね♪

スレンダーで脚が長くスタイル抜群!」というイメージが強い韓国女性芸能人。その姿に惚れ惚れ・・・憧れてしまいますよね。

でもそんな韓国の女性芸能人も「実は昔はすごく太っていて必死にダイエットをしていた」という人が多いのです。そして痩せたあとのスタイルをキープするために、輝かしいスポットライトの裏では涙ぐましい努力をしています。

今回は韓国女性芸能人も一度はチャレンジしたであろう、韓国で最もポピュラーなダイエット「さつまいもダイエット」について紹介します。

スポンサーリンク

韓国では主流?さつまいもにはどんなダイエット効果があるの?

韓国語では「さつまいも」を「コグマ」と言います。

「コグマダイエット」という言葉を聞いたことのある方もいるかもしれませんね。韓国でもさつまいもは非常にポピュラーな食べ物。低価格で手に入りやすいので、おやつやスイーツにも、食卓にもよく出てきます。

そんなさつまいもを使ったダイエット方法は韓国では最もポピュラー。

View this post on Instagram

숮이 💄💅👡👠🎀👙🌂👗🌂🎀💋💌さん(@skuukzky)がシェアした投稿

体型を気にする人なら性別を問わず、誰でも一度は挑戦したことがあると思います。美しすぎる美脚で日本でも人気を博した少女時代のソヒョンや、アイドルから今や国民的女優となったmissAのスジなど、

View this post on Instagram

seo ju hyun(seo hyun)さん(@seojuhyun_s)がシェアした投稿

芸能界で活躍する様々な人がさつまいもダイエットにチャレンジしたことを公表しています。

さつまいもは炭水化物ですが白米よりもカロリーが低いんです。ご飯一杯(150グラム)が約250カロリーなのに対して、さつまいも150グラムは約190カロリー。同じ量なのに60カロリーも差があります。

さらにさつまいもは食物繊維が豊富なので便秘を解消し便通をよくしてくれます。

熱に強く壊れにくいビタミンCがリンゴの7倍も含まれているので美肌効果も期待できます。豊富に含まれているカリウムが体内の余分な塩分を排出するので、むくみ解消効果もあります。

食べ応えもあり腹持ちがいいので「しっかり食べている満足感」も得られ、何より甘くて美味しいから続けやすい!ダイエットに適した食材と言えますね。

【絶対痩せる】さつまいもダイエットのやり方、方法は?

さつまいもダイエットには基本ルールが3つあります。

1:1日1食の主食を150g程度のサツマイモに置き換える
2:調理法は「蒸す」か「焼く」
3:皮ごと食べる

たったこれだけ。難しいことは何もありません。

「朝食のパンの代わり」「昼食のおにぎりの代わり」といった形で自分の取り入れやすい時に主食をさつまいもにします。その他のおかずは通常通り食べても大丈夫ですが、当然食べすぎてはいけません。

肉を食べたい時には高タンパク低カロリーな鶏の胸肉を選ぶ、野菜サラダを多く食べる、低脂肪牛乳を一緒に飲んで腹持ちをより良くする、間食を控える。こういった努力・工夫をすることでダイエット効果が高くなることは言うまでもありません。

そして皮ごと食べることに抵抗がある方もいるかもしれませんが、皮の方により多くの食物繊維が含まれているので食べることをオススメします。

成功?失敗?さつまいもダイエットを実際に行った方の口コミ

失敗した方々

さつまいもの味に飽きてしまって続けられませんでした
皮が食べにくくて途中で嫌になってしまいました

成功した方々

ダイエットにつきものの「食べれない!」というストレスとは無縁で続けられました
便秘が解消されたことで、下腹部のぽっこりがなくなり、スキニーなどが履きやすくなりました
さつまいもが甘いので、自然とお菓子も欲しくなくなり無理なくダイエットができました
痩せただけじゃなく肌の調子も良くなってとっても嬉しい

成功された方はただ体重が減るだけではなく、便秘解消や美肌効果まで実感していますね。

痩せた上に体質改善にもなるなんてやってみる価値はありそうです。逆に失敗してしまった方は「さつまいもの食べ方」をもう少し工夫出来たら続けられたかもしれません。

さつまいもの皮は焼きいもにしてしまうと焦げて苦味がでたりパサパサして食べにくいことがあります。蒸し芋にすると皮までしっとり柔らかくなり比較的食べやすいですよ。

スポンサーリンク

簡単さつまいもダイエットレシピ!

電子レンジで出来る!さつまいもダイエット調理法

蒸し芋にするのが最も食べやすいと言いましたが、蒸し器をだして調理するのはちょっと手間ですよね。調理が面倒くさいと続かなくなってしまうのは当然です。

それではここで電子レンジで簡単に出来ちゃう調理法をご紹介します!

材料

  • さつまいも1本
  • サランラップ
  • キッチンペーパー

作り方

  1. さつまいもを綺麗に洗い、濡らしたキッチンペーパーで全体をしっかり包みます。
  2. さらに上からサランラップを隙間ができないようにピッタリと巻きます。
  3. 電子レンジに入れ500Wで6~8分温める。

おやつにピッタリ!さつまいもダイエット調理法

さつまいもをそのまま食べるのに飽きたら。砂糖不使用、さつまいもの甘さを活かした芋ようかん!

材料

  • さつまいも2本
  • 塩少々
  • 粉寒天4グラム
  • 水125cc

作り方

  1. しっかり洗ったさつまいもをアルミホイルで包み、250度のオーブンで40分焼き、そのまま庫内で蒸らします。
  2. 熱いうちに皮をむき、潰して裏ごしし、塩を加えてよく混ぜます。
  3. 鍋に水と粉寒天を入れ、よく混ぜながら火にかけ、沸騰してから2分間炊きます。
  4. 火を止めたらさつまいもを加えて良く混ぜます。
  5. 型に流し込んだら空気を抜き、しっかりとラップをかけます。
  6. 粗熱が取れたら冷蔵庫に入れ、2時間ほど待って固まったら、食べやすいサイズにカットして出来上がりです。

これだけは守りたい!さつまいもダイエットをする上での注意点

ここまで説明してきたように、さつまいもダイエットは続けやすいダイエットと言えます。

ですがだからこそ気を付けていただきたいのが食べ過ぎてしまうことです。

さつまいもは非常に密度の高い食べ物です。甘くて美味しいので蒸し芋3本ぐらいなら軽く食べられるという方もいますが、そうすると約1キロ・1200カロリーになります。どんなに置き換えても1200カロリー摂取してしまっては意味がありませんね。

また食物繊維が豊富で便通をよくする作用がありますが、摂り過ぎるとその作用も強くなりすぎて下痢を引き起こすこともあります。食物繊維が腸内の水分を吸収し、それでも足りないと便の水分ま吸収するので、便秘を引き起こして腹痛につながることもあります

ですから痩せるからといってさつまいもを食べ過ぎるのは禁物です!きちんと計量して1度に150グラムの基本を守りながら続けていきましょう。

まとめ

いかがでしたか?秋から冬にかけては太りやすい時期でもありますが、さつまいもが手軽に購入できる時期でもありますね。

今はスーパーやコンビニなどでも出来上がった焼きいもが売っているので、手間なく始められそうです。短時間で結果を出そうとせず、自分の体調をよく確認しながら無理なくチャレンジしてみてくださいね。

スポンサーリンク

シェアしてね♪

フォローしてね♪

スポンサーリンク