【2021最新】SEVENTEEN(セブチ)の人気曲ランキングTOP14!ストーリーや特徴も!

シェアしてね♪

韓国の13人男性アイドルグループ「SEVENTEEN(セブンティーン)」!

通称セブチと呼ばれています!

メンバーにはそれぞれ特色のあるユニットに分けられており、ヒップホップ、ボーカル、パフォーマンスの3つのチームに分かれてすべての楽曲をセルフプロデュースしているのが特徴!

既に日本デビューも果たし、日本語オリジナル曲も沢山発売されていて日本のカラットさんは大盛り上がりです♡

そこで今回は、そんなSEVENTEENの人気曲をランキング形式でご紹介!

ユニット別の人気曲や日本語オリジナルの人気曲も数多く登場しますので、是非ご参考に気になる楽曲がありましたら聴いてみてくださいね♪

スポンサーリンク

SEVENTEENの人気曲一覧!リリース順!

曲名リリース日
Adore U:아낀다(アッキンダ)2015年5月29日
MANSE:만세(マンセ)2015年9月10日
Pretty U:예쁘다(イェップダ)2016年4月25日
VERY NICE:아주NICE(アジュナイス)2016年7月4日
BOOMBOOM:붐붐(ブンブン)2016年12月5日
Don’t Wanna Cry:울고 싶지 않아(ウルゴシプチアナ)2017年5月22日
Crazy in Love(クレイジーインラブ)2017年5月22日
Clap:박수(パクス)2017年11月6日
THANKS:고맙다(コマプタ)2018年2月5日
Home(ホーム)2019年1月21日
Left & Right(レフト&ライト)2020年6月22日
HOME;RUN(ホームラン)2020年10月19日
Ready to love(レディートゥーラブ)2021年6月18日

【2021年最新】SEVENTEENの人気曲ランキングTOP14!韓国語表記&読み方も♪

14位 Crazy in Love(クレイジーインラブ)

「Crazy in Love」=「狂わしいほど君を愛している」という印象的な台詞が入っている歌詞の内容に、一体感のあるダンスとセクシーなダンスが特徴的で、夢中になるほど恋愛をする様子を表した曲!

Crazy in Loveはこちら←

13位 Ready to love(レディートゥーラブ)

2021年最新曲!パワフルビートなポップなチェーンでノリノリになれる楽曲!MVはいつものSEVENTEENとは違った可愛らしい雰囲気で、パステルカラーが特徴的となっており、1人1人のメンバーが作品のようになっているのが特徴です!終盤の大雨の中でのダンスも見どころ!

Ready to loveのMVはこちら←

12位 Pretty U:예쁘다(イェップダ)

「SEVENTEEN」というメンバーの美しいハーモニーから始まるこの曲は、まるでミュージカルをみているかのような演出が印象的です!好きな人に告白する前のもどかしい気持ちを表現したアイドルらしい曲♪メンバーの普段見ることはできない可愛い姿やポップな曲で元気が出るのもポイントです!

Pretty UのMVはこちら←

11位 Oh My!:어쩌나(オチョナ!)

相手のことを考えすぎて眠れない日、明日が楽しみすぎて眠りにつけない日など、大事な予定があるのに前日夜更かししてしまうこと、一度は経験など、「Oh My!」は、そんな気持ちを表現した曲です。サビの「どうしよう」と繰り返す部分が印象的!また同部分でのダンスパフォーマンスの空に弓を射る、通称「キューピッドダンス」もファンの間で、可愛いと話題になりました!

Oh My!のMVはこちら←

10位 Home(ホーム)

「HOME」は、生きていく中での葛藤や人に頼ることの大変さなどが歌詞に込められており、お互いの愛を大切にする気持ちを「家」と掛け合わせて、寄りかかれる存在、場所でもあると表現しており、なんだか聴くと温かくなるようなMVです。自分を見つめなおせる曲にもなっています!

HomeのMVはこちら←

9位 Left & Right(レフト&ライト)

7枚目のミニアルバムに収録された表題曲「Left & Right」!「右往左往する青春の時期」に立つ若者たちへのメッセージが込められた応援ソングになっています!また、夏を感じれる曲でもありSEVENTEENらしさたっぷり♪MVでは、メンバーそれぞれが右往左往する姿が描かれているのも特徴です!

Left & RightのMVはこちら←

8位 THANKS:고맙다(コマプタ)

「THANKS」は、今はもう離れてしまったけど出会ったころから色々教えてくれた君に感謝しているよという内容の歌詞が涙をそそります。それを「ありがとう」で表現し、今でも忘れない感謝の思いを韓国語である「コマプタ」という台詞で伝える印象的な一曲になっています♪

THANKSのMVはこちら←

7位 Adore U:아낀다(アッキンダ)

SEVENTEENの記念すべきデビュー曲!ミュージカルのような一体感が印象的なこの曲は、ウジが作詞作曲した曲としても有名な曲です♪ウジはSHINeeに影響を受けたことを公言しており、SHINeeの「Love like Oxygen」を思い起こさせるサウンドが特徴的ですよ!また、メンバーの10代さ溢れるエネルギッシュなダンスにも注目です!

Adore UのMVはこちら←

6位 HOME;RUN(ホームラン)

2020年のFNS歌謡祭でも披露された人気曲!青春を過ごす若者への応援ソングとなっています!アップテンポでノリノリの楽曲ですが、歌詞には「いつものようにやればいいんだよ」など、背中を押してくれるメッセージが込められていて、なにかを頑張ろうとするときに聴きたくなる1曲です!

HOME;RUNのMVはこちら←

5位 BOOMBOOM:붐붐(ブンブン)

タイトル通り「BOOMBOOM」というサウンドがベースになっていると同時にサビで大いに盛り上がる、テンションが上がるダンス曲です♪いつものSEVENTEENとは少し違う、かっこいいSEVENTEENを見ることができます!衣装もかっこよく、パワフルなダンスが印象的です!

BOOMBOOMのMVはこちら←

4位 MANSE:만세(マンセ)

曲名にもなっている「マンセ」は日本語に訳すと「万歳」という意味。この曲ではそんな「マンセ」というフレーズが沢山出てくる明るくポップな楽曲です!学校が舞台となっているMVでは普段見ることのできなメンバーの制服姿が!歌詞の中にはキュンとするセリフも沢山出てきます♪
MANSEのMVはこちら←

3位 Clap:박수(パクス)

「Clap(パクス)」のMVでは、一段と進化したSEVENTEENをみることができます♪MVはカラフルで大人っぽい一面を見せており、アンラッキーな時こそ愉快に拍手しながらやっていこうという内容で、聞いている自分もポジティブに♪ビジュアル面にも力を入れているMVで、再びSEVENTEENのかっこよさを再確認できますよ!

ClapのMVはこちら←

2位 Don’t Wanna Cry:울고 싶지 않아(ウルゴシプチアナ)

綺麗な情景と合わせて、メンバーの一体感やフォーメーションが優美な曲。シンプルなサウンドに「泣きたくない」というストレートな思いが、見事にSEVENTEENが演じる雰囲気にマッチしておるMVになっています。一人黄昏て聞いていると心が落ち着いてふと涙がこぼれそうにも!

Don’t Wanna CryのMVはこちら←

1位 VERY NICE:아주NICE(アジュナイス)

爽やか音楽に合わせて、ノリのいいダンス曲が人気になり、ファンの間や韓国内で急上昇した曲になります。また、この曲は群舞ダンスと言われ集まったり散ったり、SEVENTEENのダンスの型軸を作った曲でもあり、好きな人にどうしたらいい?という恋の始まりや恋愛中の胸の高鳴りを表現した内容になっています。

VERY NICEのMVはこちら←

↓SEVENTEENのメンバーを人気順に紹介!↓

キャッチーな楽曲、キレのあるダンス、完璧なルックス! 全てを兼ね備えているグループを知っていますか? ...

SEVENTEENのユニット別!代表&おすすめ曲もご紹介!

ボーカルチーム(ボカチ)おすすめ曲2選!

風車:바람개비(パラムケビ)

情緒溢れる爽やかなサウンドにメンバーの声が折り合い、どこか温かい曲になっています。MVの撮影された場所は、日本の札幌であり大自然が感じられる綺麗な風景も特徴です!

風車のMVはこちら←

20(トゥエンティー)

ギターのサウンドが特徴な「20」(トゥエンティー)は、「君のためにならすべてを捧げられるよ」といった甘い内容で、未来に期待する思いが詰まった曲になっています♪

20はこちら←

パフォ―マンスチーム(パフォチ)おすすめ曲2選!

HIGHLIGHT(ハイライト)

光がとても鮮やかに写り、スーツ姿に身を御包んだクールな4人が印象的なMV!ダンスメンバーだけに、かっこいいパフォーマンスも見逃せません!普段の大人数で踊っている姿とは、違い一段とかっこいいメンバーが見ることができます♪

HIGHLIGHTのMVはこちら←

13月の踊り:13월의 춤(13ウォレチュム)

ダンスパフォーマンスがメインの作りですが、メンバーの舞いのダンスから芸術的な雰囲気が感じられる内容になっています♪バレエの振り付けや、モダンダンスを取り入れた振り付けで、何飾りもないMVですがどこか華やかさを感じます。

13月の踊りのMVはこちら←

ヒップホップチーム(ヒポチ)おすすめ曲2選!

表情管理:표정관리(ピジョングァンリ)

ラップ調の曲で、ノリのいいサウンドとリズミカルな音楽が特徴な一曲!「表情管理」は、好きな人の前では、緊張して表情がうまく作れないという意味で、よく使われるみたいです。好きな人に対する気持ちを綴ったメンバーが可愛く見える部分もポイント!

表情管理はこちら←

頼って:기대(キデ)

「頼って」というタイトルのこの曲は、「お互い離れた場所にいるけど、心は一緒、頼れる時は頼っていいからね」という少し甘い内容になっています!サウンドが少しムーディーな感じで大人な雰囲気を出す歌です♪

頼ってはこちら←

SEVENTEENの日本オリジナル曲!どの曲も最高にいい!

Call Call Call!(コールコールコール!)

日本デビューシングル「Call Call Call!」は、「つらい時はいつでも飛んでいくよ」という意味を含んだタイトル曲!サビでは、思わず口ずさんでしまう場面や掛け声をしたくなる場面がたくさんあり、皆で盛り上がれる曲間違いなしです!MVにはたくさんの電話がでてきたり、メンバーのツッパリ風の衣装や、スーツなど見ていても楽しい内容になっています♪

Call Call Call!のMVはこちら←

Happy Ending(ハッピーエンディング)

日本初シングルとなる「Happy Ending」!「みんなで力を合わせてHappy Endingを作っていくんだよ」という思いが込められた曲で、ファンの皆さんを思って作られた曲なんだとか!バックリズムで流れるギターの音も心地よく、聞いていて心地いい曲です!

Happy EndingのMVはこちら←

舞い落ちる花びら

落ち着いたリズムのあるメロディーでMVではメンバの綺麗で芸術的な一面を見ることができる楽曲!コロナウイルスの影響でなかなか会えない状態が続いている日常に刺さる歌詞にも注目。また、桜の花びらを意識した振り付けは儚く凄く綺麗になっていますよ!

舞い落ちる花びらのMVはこちら←

24H

日本ゴールドディスク大賞ベスト3アルバムを受賞した、日本2NDミニアルバム!今までにはないロックビートで始まり、男らしいかっこいいメロディーが特徴!24時間一緒にいたいという思いが込められており、時計をモチーフにした振り付けもSEVENTEENらしさが溢れて素敵です♪

24HのMVはこちら←

ひとりじゃない

日本3NDミニアルバム!新たなスタートに立つ人たちへの応援ソングでもあり、ファンとの会えない絆を描いているような歌詞が特徴的な楽曲!ポップで爽やかなメロディになっていて、MVではメンバーそれぞれの明るい姿が見れますよ♪「ひとりじゃない」と元気づけてくれる楽曲になっています!

ひとりじゃないのMVはこちら←

まとめ

いかかでしたか?

まだまだSEVENTEENを知らない人は是非聴いてみてくださいね!

また、13人という珍しい大人数グループですが、その人数の多さがメリットとしてダンスや歌にも表れていますのでチェックのポイントです♪

今後の新曲に期待高まりますね♡

スポンサーリンク

シェアしてね♪

スポンサーリンク