【2019年最新】コニギが厳選iKONの人気曲ランキング15選@日本限定曲も♪

シェアしてね♪

出典:Instagram

2016年に日本デビューして以来、定期的にライブツアーを行いながら今もファンを獲得し続けているiKON。

すべての曲をリーダーBIの手掛けているという、才能に優れたグループでもあります。

そんなiKONは、日本ゴールドディスク大賞ニュー・アーティスト・オブ・ザ・イヤーや第58回日本レコード大賞最優秀新人賞も獲得しており、根強いファンも持つ韓国男性7人ヒップホップグループ!

そこで今回は、そんな韓国男性グループiKONの代表曲やおすすめ曲と共に、日本限定曲なども一緒に紹介していきたいと思います!

スポンサーリンク

読み飛ばせる目次

【2019年最新版】ガチファンが選ぶiKONの人気曲ランキング15選!読み方も一緒に♪

15位|TODAY:오늘따라(オヌルッタラ)

「今日にかぎって、友達の君が女に見えるのかな」「君ってこんなに可愛かったっけ?」と、友達だと思っていた人が突然恋愛対象になり、ドキッとしてしまったという様子を歌っている内容です。メンバーが歌う「今日に限って」というセリフが印象的で、少し可愛い一曲になっています。

14位|JERK:나쁜놈(ナップンノム)

恋愛ソングの「JERK」は、テンポの良いサウンドですが、少し悲しげなメンバーの声が印象的です。自分のせいで彼女と別れてしまい、今も後悔している思いを綴った一曲です。また、ラップも印象的ですが、DKの声が何より綺麗に聴こえる曲となっています。

13位|B-DAY:벌떼(ポルテ)

間違いなく気分が上がる一曲。ビートサウンドが特徴的なパーティーチューンの曲で「B-DAY」はBirthdayの略になります。また、「ミツバチたちの誕生日」という意味が込められ、歌詞の中でも、それを連想させるような歌詞やダンスもあり楽しめる曲です。

12位|JUST GO(ジャストゴー)

ピアノの音色から始まる少し切ない雰囲気の「JUST GO」は、「彼女に好きな人ができた」という内容で悲しい恋愛ソングです。「俺の気持ちが変わる前に消えてくれ」や「彼のところへ帰りたいなら、止めないよ」といった歌詞が印象的ですが、メンバーのどこか情熱が感じられる一曲になっています。

11位|RUBBER BAND:고무줄다리기(コムジュルダルギ)

「RUBBER BAND」は。iKONのB.IとWINNERのMINOの共同作品で作詞作曲を担当した曲。WINNERもYGエンタテインメント所属で、メンバー同士も仲良し。切れそうで切れないゴムを恋愛関係に例えたユニークで切ない歌詞が特徴です。

10位|BEAUTIFUL(ビューティーフル)

「BEAUTIFUL」は直訳すると「美しい」ですが、そのままの意味でiKONらしくヒップホップチェーンに作り、少しポップな感じに仕上げ「君のアフロディーテ」「世界を手に入れた気分」という歌詞が印象的な一曲。好きな人にゾッコンし、周りがお花畑状態の男性バージョンとも言えます。

9位|BLING BLING(ブリンブリン)かっこいいダンス曲!

ラッパの曲と共に「BLING BLING」と始まるこの曲は、MVの最初の演出からかっこいいと思わせる曲です。また、バスケットのプレーを連想させるようなダンスも特徴的です。「BLING BLING」は「きらきら光っている」と意味で、高級ジュエリーや高価なものを対象に表すことがい多い言葉ですが、この歌では「IKON」を指しています。

8位|APOLOGY:지못미(チモンミ) 超感動のバラード曲!

深く重みのあるピアノとドラムが印象的な「APOLOGY」。「彼女の期待を自分のせいで裏切ってしまった」内容の歌詞で、切ない曲になっています。サビを歌うジュネの声が、深く重みのあるピアノをより一層深く心に響く歌に仕上げています。

7位|I’M OK(アイムオッケー)

「I’M OK」とサビから始まるこの曲は、「一人は慣れているから大丈夫」や「一人だけど孤独」「そばにいなくても平気」の歌詞内容から、本当は寂しいけど一人強がっている男性の心情を描いた一曲。皆さんも、どうしようもならない気持ちや誰もいないところに行きたくなる時はありませんか?その気持ちを歌に込めている一曲です。

6位|LONG TIME NO SEE(ロングタイムノーシ―)

「LONG TIME NO SEE」は「久しぶり」という意味ですが、この曲では「一度夢のために彼女のもとを去ったけど、会いたかったよ、もう君を守るから心配しないで」という遠距離恋愛の心情や夢のために一度離れたけど彼女が待ってくれていた時を連想させる曲です。力強いヒップホップが全面で出ておらず、優しいメンバーの声が印象的です。

5位|KILLING ME:죽겠다(チュッケッタ)

「KILLING ME」は、別れた後の苦しみの心情を歌詞に盛り込んだ曲で「死にそう」だと訴えかけるサビのダンスが独特な韓国内で話題を呼んだ曲。一度聴いたら、耳に残るサウンドも特徴的で、失恋や後悔のあとの苦しみを訴えかける一曲になっています。

4位|#WYD:오늘 모해(オヌルモへ)

爽やかで優しい雰囲気のMVでメンバーの甘い顔が見ることができる、かっこいいiKONとは正反対のiKONを見ることができます。最後の「チャルジャヨ(おやすみ)」がファンにとってはたまらない歌詞ですね。

3位|MY TYPE:취향저격(チヒャンジョギョク) デビュー曲!

iKONのデビュー曲である「MY TYPE」は、理想の人や好きな人のタイプに会ってどうしようと男性のもどかしい心情を歌詞に表現した曲で、甘酸っぱい歌詞になっています。MVもメンバーで理想の人を語っている場面なのか、よくみると面白い場面も多々あり、楽しめる一曲です。

2位|GOODBYE ROAD:이별길(イビョルキル)

「GOODBYE ROAD」は、YGエンタテインメントのヤン・ヒョンソクプロデューサーが一番好きな楽曲と韓国内で話題になり、注目度が高かった曲です。幸せだった花道のような幸せが(愛)、時間と共に枯れていく様子を描いた歌詞で、奥深い歌詞の内容が詰まった一曲になっています。

1位|LOVE SCENARIO:사랑을 했다(サランヘッタ) 有名になったノリのいい曲!

「LOVE SCENARIO」は、まるで恋物語を聴いているかのような曲で、恋愛ソングですがノリの良い音楽がポイントの曲です。恋に対する純粋な気持ちを綴った曲ですが、韓国内では大ヒットし「2018 MelOn Music Awards」や「第33回Golden Disc Awards」を獲得した曲でもあります。また、一度聴くと忘れられない中毒性のある曲でもあります。

↓iKONのメンバーを人気順に紹介!1位は誰!?↓

2018年1月25日、「LOVE SCENARIO(恋をした)」で待望のカムバックを果たしたiKON!ファンはこの時を待ちわ...

韓国より先に日本で発売されたiKONのレア曲が!?厳選して3曲を紹介!

WORLDWIDE(ワールドワイド)

「東京、大阪、福岡、名古屋、札幌、沖縄」と日本の都市名から始まる曲は、ライブで大いに盛り上がる曲です。またiKONが日本ライブツアーで行く都市のことから、「みんな参戦」という内容と共に、観客一体で楽しめる曲間違いしです。

PERFECT(パーフェクト)

iKONでは珍しいバラードの曲です。爽やかなメンバーの声と、「好きな人を失ったあとの後悔」の気持ちを表現した内容になっています。

LOVE ME(ラブミー)

「LOVE ME」は、可愛い感じのサウンドで気になる人に対して「僕じゃダメなの?なんで?」という少し子供っぽい気持ちが現れた歌詞の内容です。

iKONで唯一のソロデビューメンバー!バビのおすすめソロ曲も厳選紹介!

ILOVEYOU:사랑해(サランへ)

メンバーのBOBBYがソロとして発売した「ILOVEYOU」。日本語Verも聴きやすく、耳にすんなり入ってきます。普段はかっこいいBOBBYですが、このMVは全くの正反対の恋愛モードの珍しい可愛いBOBBYを見ることができます。

HOULIP!:꽐라(クァルラ)

BOBBYのヒップホップの世界観が詰まったMVとラップです。ヒップホップ好きには重低音がたまらない音楽になっています。IKONでは、見ることのないBOBBYの才能を存分に見ることができます。とにかくかっこい!

RUNAWAY(ラナウェイ)

若い人や夢を持っている誰もが通る道や悩み、不安を歌詞に綴った曲です。自分の中にある葛藤が詰め込まれ、BOBBYの深くのしかかるラップが印象的で心に響きます。
スポンサーリンク

まとめ

いかがでしたか?

IKONの曲はどれも印象的な歌ばかりで、盛り上がる曲も多くあります。

恋愛ソングが王道の大人気ですが、是非盛り上がる曲もたくさん出してほしいですね!

また、ダンスも毎回かっこよくて見惚れちゃうこともあります。

皆さんも、是非IKONチェックしてみて下さいね!

スポンサーリンク

シェアしてね♪

スポンサーリンク