【2019年最新】防弾少年団の人気曲&代表曲ランキングTOP15!アーミーが選ぶおすすめ曲は!?

シェアしてね♪

出典:Twitter

今や世界中にファンを持つ防弾少年団(BTS)

そんな彼らの独特で個性触れる音楽スタイルや歌詞などに、人々は共感し徐々に認知度が上がり世界中から注目を浴びるようになりました😊

日本でもドームツアーを行うなど、たくさんファンがいる防弾少年団ですが、皆さんは好きな曲やお気に入りの曲はありますか??

今回は、まだまだ知らない方たちにも彼らの代表曲やおすすめの曲。ソロ曲までじっくりと紹介ていきたいと思います!

スポンサーリンク

読み飛ばせる目次

【最新版】防弾少年団(BTS)の人気&代表曲ランキングTOP15!

15位|NO MORE DOREAM(ノーモアドリーム)

防弾少年団のデビュー曲でもある「NO MORE DOREAM」は、サビの力強いメッセージが特徴で「お前のビッグな夢は何?」というメッセージが印象的な曲です。夢を持った人たちの中に生まれる感情や、やりたいことに対しての周りの批判的な意見を気にせずに、立ちはばかる壁を突き破って突き進めという歌詞の内容に、10代、20代の人たちが共感を呼び有名になりました。

14位|BOY IN LUV:상남자(サンナムジャ)

BOY IN LUVは、好きな人に対してどうしたらいいか分からない気持ちを歌詞に綴った曲です。MVはきちんとストーリになっており、学生の時に男の子が思う気持ちを力強く表現するとともに、最後に気持ちを伝える場面が描かれています。どこか、学生の青春ラブストーリを連想させるような内容に彼らの音楽スタイルが見事にマッチしたMVです。

13位|(アンパンマン)

アンパンマンは日本でもあのお馴染みのアニメですが、実は韓国でもアンパンマンは人気のアニメの一つになっています。理想のアンパンマンのヒーロー像と防弾少年団のファンに対する気持ちをうまく掛け合わせた内容の歌詞になっています。くじけそうになる時があっても、アンパンマン(防弾少年団)が君たちを救いだすからという背中を押してくれる曲です。

12位|Not Today(ノットトゥデイ)

防弾少年団らしい曲の一つで、「Not Today」=「今はその時じゃない」という意味を込めたMVです。「飛べないなら走れ」、「走らなきゃ歩け」、「歩けなくても行け、這ってでも」という歌詞に、困難の中こそ何としてでも乗り越える気持ちや、あきらめるのはまだ早い(今じゃない)いう挫折しそうなときに、背中を押してくれる一曲です。

11位|GOGO:고민보다Go(コミンボダゴー)

この曲のテーマは「お金」です。「悩むより行動しよう」という意味で作られていますが、何をするにも、お金が必要になる場面が人生の中で多くあります。そんなときに、「お金を稼ぐのも使い果たすのも自分次第だけど、人生は一度きり!楽しまなきゃ損!そういう自分でいていいんだ、いつか変わる時が来るから」という内容の歌詞を綴った曲です。

10位|FIRE:불타오르네(プルタオルネ)

FIREはノリのいい音楽とダンスがかっこよくて人気のある曲の一つです。「自分を信じて、曲げなくいい、自由に自分らしく生きろ」という内容に、とにかく世間(社会)の中で、グダグダ愚痴る前に、一生懸命自分らしくやりきったら?という意味が強く込められています。サビや後半の力強い躍動感のあるダンスがかっこよく目を離せませんね!

9位|I NEED YOU(アイニードユー)

一度聞くとラブソングに聞える曲ですが、MVが意味深だと話題になった「I NEED YOU」。いろいろな解説がありますが、歌詞の内容では、「君が必要だけど、もう戻れない」まるで彼女との思い出を連想させるような歌詞に、まだ未練があるような思い、だけどもう元には戻れない、悲しい曲になっています。

8位|RUN(ラン)

サビの部分の走ってジャケットを脱ぐシーンが話題になったMV。どこか、力強いダンスと視線に大人らしさを感じさせる防弾少年団です。思い通りに恋愛が行かない、男性の気持ちを表現した曲です。「君のもとへ走りだすのは、君しか愛せないから」というストレートな内容の恋愛ソングです。

7位|Spring Day:봄날(ポンナル)

「Spring Day」は、好きな人に対する歌詞と思いがちですが、実は友人(親友)に対して歌詞を綴った曲です。どんな人にでも別れの日を体験したことはあるのではないでしょうか。「また会えるのかな」、「次いつ再会できるのだろうか」と不安の思いを歌に表した曲になっています。

6位|DOPE:쩔어(チョロ) 様々な衣装が話題に!

RMの「早く来いよ、防弾は初めてだろ?」という言葉から始まる印象的なMV。メンバーそれぞれの衣装が違い、役にはまっているシーンがかっこいいともいえます。「DOPE」は、英語なのですが、スラング英語でかっこいい意味での「ヤバイ」、「イケてる」といった訳になります。防弾少年団の世界観の一つを表現した曲でもあり、「俺ら(同世代含めお前たち)ってヤバイんだよ」と防弾少年団らしさのあるMVです。

5位|FAKE LOVE(フェイクラブ)

日本語訳にすると「偽りの愛」という題名の曲。韓国アーティストで初のビルボード200において1位を獲得した「FAKE LOVE」。「彼女のために、自分を殺して何でもやった」、「君のためなら痛みがあっても、何でもできた」すれ違いばかりで、自分を失う気持ちから「彼女の笑顔は本当に自分に向けられているものなのか」と疑心暗鬼になる。つまりすべてが「偽りの愛」のなかにある「愛」だったとい悲しい内容になっています。

4位|Blood Sweat & Tears피 땀 눈물(ピ・タム・ヌンムル)

2016年には、「Mnet Asian Music Awards」で、大賞を受賞した曲。この曲のコンセプトは少年達、誘惑に会うという内容になっており、初めて直面する誘惑に葛藤し、悩む、苦しむ部分が描かれています。MVは、美しい衣装に包まれた防弾少年団、美術館の中など、中世的な表現の世界観。美しさ(恋)誘惑の中で、苦しむ歌詞の内容ですが、ダンスなどライブのシーンはメンバーの個性が際立っている曲ともいえます。

3位|MIC Drop(マイクドロップ)

重低音で始まるこの曲は、防弾少年団を批判する者たちに向けて綴った曲でもあり、彼らの今までの道のりを表している曲でもあります。「防弾少年団なんてダサい」、「どうせ売れない」と批判したHater達に「成功者」として、言い返す内容であり、かっこいいMVになっています。

2位|DNA(ディーエヌエー) サビのDNAダンスが話題に!

サビの部分では、メンバー全員が手を繋ぐシーンが印象的なMV。盛り上がる、明るい曲調で、運命の愛を表現した内容です。「運命」という意味を「DNA」と掛け合わせて「必然の愛」と表しています。宇宙観のMVにPOPな雰囲気が出て、カラフルな色合いが特徴的です。

1位|IDOL(アイドル)アーミーが選ぶ1番好きな曲!

伝統的な韓国を表す衣装や、どこか民族の祭りのような盛大に盛り上がる曲調、世界中のいろんな世界観が詰まったMVになっています。「指を差されても、僕は気にしない、君がどんな理由で僕を罵っても、自分が何者か知ってる、自分が何をしたいか知ってる、決して変わらない」という歌詞から、「自分は自分」という意思の強さが見える曲です。

↓BTSのメンバーを人気順に紹介!気になる1位は!?↓

毎年、数多くの新人アイドルがデビューする韓国の歌謡界。 小学生や中学生のうちから芸能事務所へ入り、スターを夢み...

防弾少年団|2019年の新曲「Boy With Luv」がヤバい!韓国大手音楽サイトで上位独占!

2019年4月に、米人気歌手ホールジーと一緒に歌っている最新曲「Boy With Luv」が世界中で大人気になり、最速でYOUTUBEのMVの再生回数を回るなど大ニュースとなりました。

韓国内では、カムバックとともに音楽番組で次々に1位を獲得!

瞬く間に注目度が集まり、メディア独占状態に。

BTS(防弾少年団)がアメリカNBCの人気バラエティ番組『SNL』で新曲『Boy With Luv』をステージ初披露した際は、韓国内でBTSのカムバックステージを観るためアクセスが集中し、サーバーダウンが相次ぎ!

んな、彼らの新曲「Boy With Luv」ですが、楽しさを表したポップな曲調で、「小さな愛」を表現しているそうです。

メンバーの愛嬌もポイント!

爆発的な人気を呼ぶ彼らたちですが、今後も更なる飛躍に期待です。

防弾少年団メンバーそれぞれのソロ曲も紹介!超かっこいい♪

テテのソロ曲:Singularity

Vと言えば、低いハスキーボイスのような声が特徴的ですが、「Singularity」はそんなVにぴったりな曲。「Singularity」の意味は「優れていること」や「不思議なさま」を表します。大人なムーディーなサウンドにVの声が深くマッチ!自分の優れている声を君にあげたのに、君を得ることはできたのか?と自問自答するような歌詞の内容に、ふと冷静に本当の自分に振り返りたくなります。

ジミンのソロ曲:Serendipity

「Serendipity」は、「思わぬものを偶然に発見する才能」のことでセクシーな声を持つジミンの声が印象的な曲です。「全ては偶然なんかじゃない」という歌詞から始まるこの曲は、運命的な出会いの心情を表現した内容になっています。また、ジミンのダンスにも注目のソロ曲です。

グクのソロ曲:Euphoria

「Euphoria」は「幸福感」という意味のことで、グクの透き通った声が印象的な曲です。「君は僕の幸福感の元だ」という内容には、君がいるだけで幸せなんだという一途な思いが描かれています。

シュガのソロ曲:Seesaw

ラップ調のテンポが良いサウンドで、最後のシュガのつぶやいているようなサウンドが印象的です。シーソーのように恋愛も惹かれ合ったり、追いかけられたり、そういうやりとりが駆け引きで楽しいものですが、いずれは終止符を打たなければなりません。その駆け引きの内容をラップで表した曲です。

ジンのソロ曲:AWAKE

悲しい内容の曲ですが、ジンの歌声には感情がこもっており思わず泣くファンがいるほどです。「AWAKE」は、起きる(目覚める)という意味ですが、Maybe I, I can’t touch the sky(多分、僕は空に触ることもできないんだ)という内容から夢から現実に目を向けて、違う意味で現実に「目覚める」という悲しい曲です。

RMのソロ曲:LOVE

愛というタイトルだけに、「君は僕にとって愛する人」というストレートな歌詞に彼女に会って愛を知ることができた心情を表しています。RMの声が聴きやすく、なんだか幸せな気持ちが伝わってくるような曲です。

ホソクのソロ曲:Just Dance

ホソクはメンバーの中で振り付けも担当しており、一番ダンスが上手いメンバーの一人ですが、その特徴をしっかりソロ曲に組み込まれている曲です。ダンスが大好きなように、君も好きという内容の曲で、普段はダンスで表現するホソクらしい曲です。

スポンサーリンク

【番外編】防弾少年団の歌がうまいランキング!

1位 ジョングク

出典:Twitter

度々、SNSにもカバー曲や自分の声を披露するジョングクは、BTSのメンバーの中でも一番の歌唱力をもった持ち主。

力強い声ではなく、透き通った綺麗な声を持っています。

メインボーカルで総合的にダンス、歌も上手く、センターになる場面が一番多いです。

純粋で情熱的な優しい印象のジョングク😊

2位 ジン

出典:Twitter

ジンはメンバーの中でも、パートが少なかったり、多かったり、ムラがありますが、ソロ曲になると歌唱力を発揮!

性格はおやじギャグが好きで、頻繁に言っていますが、メンバーにはよく飽きられています😂

また、自分を「ワールドワイドハンサム」と名乗り、投げキッスをするというナルシストのキャラで、バラエティー番組にも出ることが多く、料理も得意で幅広く活動しています。

3位 V

出典:Twitter

低音ハスキーの声が特徴的なVですが、メンバーの声と組み合わさると一際際立った印象を持ちます。

高音も出すこと可能で、ソロ曲で高音を発揮したりと、声域が広い持ち主。

少し変わった性格で4次元と言われていますが、ステージの上では豹変し、なんでもこなす才能とギャップのある様が人気です。

4位 ジミン

出典:Twitter

セクシー担当と言われるほど、とにかく色気のある声とダンスが特徴的なジミン。

学生時代にもダンダンスをしており、首席で入学しています。

また、練習生時代や、デビュー時代には誰よりもダンスを練習していた一番の努力家でもあります。同じ年にVがおり、仲良しです。

何事も全力で、納得の行くまで取り組む彼の姿に、ファンも多いです。

5位 J-HOPE

出典:Twitter

メンバーの中で、ダンスが一番うまく振り付けも担当しているJ-HOPE。

元々、ストリートダンサー出身なため、なんでもオールマイティーにこなすことができます。

みんなを元気づけるというコンセプトで元気なイメージと盛り上げ担当のキャラクターで、いつも笑わせてくれます。

6位 シュガ

出典:Twitter

ラップ担当のシュガですが、バラードの歌の高音やBTSのサビを歌っているジョングクのパートを歌わせると破壊王に!

性格は、普段は物静かでおとなしい性格で、とてもラップを歌う雰囲気が感じられませんが、歌わせると天才的な才能を持っています。

7位 RM

出典:Twitter

シュガと同様にラップ担当のRM。

ダンスが大の苦手で、たまによくわからないダンスをしたり、メンバーにいじられることも多いですが、BTSのリーダーでみんなのまとめ役をこなす、指導者のような存在です。

メンバーがけんかしてしまいそうになる時や、意見を求められる時に、いつもRMがいる、そんな頼れる存在感のある人物です。

防弾少年団の天才プロデューサー「シュガ」が作詞作曲した歌は?

View this post on Instagram

BTS officialさん(@bts.bighitofficial)がシェアした投稿

シュガは、BTSの中でラップを担当していますが、同時に作詞作曲を担当しています。

そんなメンバーの中で重要な役をこなしている彼が携わった曲は数えきれないほどたくさん!

そのなかでも、有名な「Blood Sweat & Tears (血、汗、涙)」や「FIRE」、「Spring Day」など人気な曲も多数携わっています。

またデビュー以前から、作詞作家活動でラップも自分で作っており、全国大会で入賞するほどの実績の持ち主なので、才能をもった人物と言えます。

まとめ

まだまだ勢いは止まらない防弾少年団。

これから、日本のツアーもありますし、活躍が楽しみでもありますね!

韓国には留まらず、世界で活躍している防弾少年団は、次にどんな展開を見せてくれるのか期待が高まります。まだまだ、防弾少年団を知らない方は是非曲を聴いてみて下さいね!

きっとハマること間違いなしです。

スポンサーリンク

シェアしてね♪

スポンサーリンク