東大門 マスクショップの行き方・営業時間などまとめ!販売品は偽物?本物!?

シェアしてね♪

韓国コスメにはクッションデやリップティントなどもありますが、お土産にも喜ばれてなおかつ安いと言えば「パック」ですね!

私たちが日頃「パック」と呼んでいる布製のものは、韓国では「マスク」と呼ばれており、専門店なども充実しています。

そこで今回は東大門で大人気のマスクショップについて、

・マスクショップとは?
・行き方・営業時間
・取り扱いブランド
・商品が安い訳
・商品は本物なのか

など、すべてをご紹介していきましょう!

スポンサーリンク

東大門にあるマスクショップとは?

sanaさん(@sananozomii)がシェアした投稿

THE MASK SHOP(マスクショップ)」とは、その名の通り「マスク(パック)専門店」です。2階建ての店舗になっており、1階がマスク専門ショップそして2階ではお土産にピッタリのお菓子や食品などを販売しています。店内見渡す限りマスク!

というショップは、韓国でもなかなかないため現地の人も多く訪れています。韓国のマスクは有名ブランドからプチプラブランドまで、数えきれないほどの数があり、どれを使えば良いのか迷ってしまいますよね。

でも、マスクショップなら多くのマスクを比べることが出来て、日本語が堪能なスタッフも多いことから相談に乗ってもらえることも人気の理由のひとつだと言えます。

取り扱っているマスクの価格帯は1枚2000円ほどの高いものから、まとめ売りで1枚100円くらいの商品もあり多くの年齢層の方が訪れることも特徴です。

マスクは高ければ良いというものではなく、自分のお肌の悩みや肌質に合ったものを選ぶことが大切なので、いろいろと見比べたいという方には特におすすめのショップです。

また、マスクだけでなく韓国で人気のコスメやヘアケア製品なども販売しています。シャンプーやマスク50枚セットなど、重たい商品は日本への発送も行っていますのでそういったサービスを利用するのも良いと思います。(発送は有料)

マスクショップへの行き方や営業時間など

View this post on Instagram

💲🅰️✝️🅾️Ⓜ️ℹ️🎌さん(@x_b66top)がシェアした投稿

人気のショッピングスポットであるソウル・東大門。朝方まで賑わっている観光地のひとつですが「THE MASK SHOP(マスクショップ)」は、このファッションビル群から少し離れた場所に位置しています。

住所:中区退渓路73キル36
アクセス:地下鉄6号線「新堂駅」10番出口より徒歩3分または地下鉄2号線「東大門歴史文化公園駅」2番出口より徒歩8分

東大門のファッションビル群から訪れる場合、東大門DDPの裏がマスクショップとなりますTEAM240またはNUZZONを目指すと、夜はビルの明かりが目立つため分かりやすいと思います。

TEAM240の並びにコンビニがありますので、そこを右折し直進するとセブンイレブンの隣のビルが「THE MASK SHOP(マスクショップ)」です。

マスクショップの取り扱いブランドは?

@uhwa.krがシェアした投稿

韓国のコスメブランドから販売されているマスクパックは、ほぼ全て取り扱っていると考えて大丈夫です。また、オリーブヤングなどで取り扱っているメディカルマスクなどの取り扱いもあります。1枚で購入するより、箱でまとめ買いした方がお得になっているのが特徴です。

そして日本で「パック」と聞くと、顔全体を覆うパックが多いですが、韓国では「Tゾーン専用マスク」「目元専用マスク」など種類が多く揃っています。

最近では、髪の毛にトリートメントを馴染ませ、専用のビニールでパックするという新しいタイプのマスクも登場しているので日本にはないマスクを見つけるのも楽しみのひとつですね!

スポンサーリンク

マスクショップの商品が安いワケは?

@jzzzzkがシェアした投稿

マスクショップで購入するマスクは、そのブランドにもよりますが免税店の半額程度と言われています。ちょっと高価なマスクでも定価の3-5割引で販売されています。

同じ商品なのに、なぜこんなに安いのでしょうか?調べてみたところ、はっきりとした理由は分からなかったのですが「消費期限が迫っている」「パッケージの箱に傷が多い」「長期間在庫として残っている」「季節限定商品」などが、激安で販売されているようです。

また「THE MASK SHOP(マスクショップ)」は韓国では珍しく「現金決済のみ・クレジットカード不可」となっているため、それも激安で販売できる理由のひとつかもしれませんね。

マスクショップの商品は本物なの?

同じ商品が激安で購入できるとなると「本物なの?」と疑いたくなりますよね。韓国のコスメブランドやロードショップの化粧品は、基本的に偽物が出回っていません

「同じブランド名の同じ商品」を製造するならば「全く別のブランド名で低価格の商品」を作った方が、効率的なんだとか。但し「超美白になれます!」と記載されている商品でも、美白に効果のある成分はひとつも入っていなかったということは、実は韓国ではよくあること。

「カタツムリエキス配合」と表記されており「0.001%」しか配合されていなくても、入っていることには変わりない!というのが韓国コスメでもあります。

韓国で人気のマスクは、日本でもクチコミをチェックできるものが多いため、事前に欲しいマスクをチェックした上で購入すると良いかもしれませんね。

あわせて読みたい記事

韓国ソウルのショッピングスポットとして人気がある「東大門(トンデムン)」。 多くのファッションビルが集結しており、朝方までお買...
韓国旅行の楽しみと言えばショッピングと観光、そしてグルメですね! 短い旅行日程を少しでも満喫したいと朝から夜ま...
朝までショッピングが楽しめる街として知られているソウル・東大門。世界中から多くのバイヤーが訪れる「卸売り市場」のメッ...

スポンサーリンク

シェアしてね♪

スポンサーリンク